牧師の小窓(159)パニック状態を乗り越えるための祈り 福江等

2019年3月24日21時44分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(159)パニック状態を乗り越えるための祈り 福江等

これからしばらくの間、このコラムでさまざまな状況の中における祈りの言葉を記載してみたいと思います。これらの祈りは「クロスウォーク」というネットジャーナルに記載されているもので、祈りを書かれた方のお名前を最後に記しておきます。これらを参考にして、私たちの祈りの生活がさらに豊かになれば幸いです。

パニック状態を乗り越えるための祈り

主よ。あなたのみもとに近づきます。私があなたに近づくとき、あなたが私に近づいてくださることを感謝します。あなたが私のことを心に留めていてくださると思うと、胸がいっぱいになります。

主よ。今日、私の心は重く、私の体は弱っています。この不安と恐れの重さに、これ以上耐えられません。一人でこれを乗り越えることができないことを知っています。

私の信仰を揺るがし、私たちを引き裂こうとして活発に活動している敵(悪魔)に対抗して祈ります。どうか、あなたの中で堅く立つことができますように助けてください。弱っている私の骨を強めて、この痛みとこのパニック状態が永遠に続くものではないことと、この試練もまた必ず過ぎ去っていくものであることを思い出させてください。

どうか父よ、あなたの喜びと平安と忍耐で私を満たしてください。私の魂を生き返らせ、私を縛っている不安と恐れの鎖を打ち壊してください。この状態をあなたにお委ねします。あなたがそれをすべて取り去る力を持っておられることを知っています。

たとえあなたがそれを取り去られなくても、私が恐れの奴隷になる必要がないことを知っています。そして、あなたのみ翼の陰に安らぎ、あなたの揺るぎないみ力によって立ち上がり、勝利することができます。

そのことを知った上で、私の手をあなたに向けて上げます。あなたにすべてを委ねるとき、重荷が取り去られることを感じます。そして、新しい希望を心の中に吸い込みます。すると、新しい力が内側に湧き上がります。

神様が不安で荒れ狂う浪間から私を救い出し、まったき平安の雲の中へと引き上げてくださることを心の中に描いています。あなたに私の手を取っていただくなら、あなたの中でいつでもパニック状態を乗り越えられます。

主イエスのみ名によって、アーメン。

―ローレン・ガスキル

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング