キャッシュレス決済で献金額倍増、英国国教会が1万6千教会で本格導入へ

2019年1月25日20時35分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+キャッシュレス決済で献金額倍増、英国国教会が1万6千教会で本格導入へ
英国国教会で本格導入される予定のキャッシュレス決済の献金受け付け用端末(写真:サムアップ)
- 広告 -

英国国教会は、キャッシュレス決済の献金回収システムの試用で、献金額がほぼ倍増したことを受け、イングランドとウェールズにある約1万6千の教会と42の大聖堂で本格導入する。同システムを提供する英電子決済サービス会社「サムアップ」が明らかにした。

サムアップは、献金とその回収に伴う事務処理の簡素化を目指し、手元に現金がなくても献金できるキャッシュレス決済の献金回収システムを、幾つかの教会で試験運用してきた。

礼拝参加者は「アップルペイ」や「グーグルペイ」などの電子決済サービスを利用して献金が可能で、献金受け付け用の端末は持ち運びができ、1回の充電で約500件まで処理できるという。端末は卓上に固定した「卓上版」もあり、会衆は礼拝の前でも後でも手軽に献金することができる。

同システムを試用してきたイーストグリニッジ・クライスト教会(ロンドン)のマーガレット・ケイブ司祭は次のように話す。

「当教会では新型のデジタル献金回収ボックスを試用してきましたが、会衆の皆さんには大変好評でした。ここ数年、当教会の年齢構成は若い世代に移行しつつあります。サッカーチーム、子どもや青年向けのプログラム、母親の会など、さまざまな活動を通して家族や子ども、青年や若年成人の来会が増えてきたからです。

若者の大半は現金を持ち歩きません。ですから教会にとって、時代を先取りすることには大きな意味があります。当教会では最新技術を取り入れ、献金手段の刷新に取り組んできました」

サムアップの共同設立者であるマークアレキサンダー・クライスト氏は次のように話す。

「真のキャッシュレス社会への移行に伴い、2019年はキャッシュレス決済の大幅な拡大が見込まれます。それが意味するのは、日常生活の在り方への適応が求められるということです。デジタル式の献金回収プレートは、伝統と先端技術が見事に出会った実例です。

英国中の教会でキャッシュレス化が進んでいます。積極的な献金を促進するには、献金手段の簡素化が求められます。このような(先端技術との)協力関係が欠かせないものになると考える理由は、そこにあるのです」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング