米ワシントンの「聖書博物館」が「盗品」筆写本を返還

2018年8月20日21時13分 印刷
+米ワシントンの「聖書博物館」が「盗品」筆写本を返還
米首都ワシントンにある聖書博物館(写真:Fuzheado)

【CJC】2017年11月に米ワシントンで開設された「聖書博物館」は、所蔵していた中世の4福音書の筆写本が盗品と分かり、本来の所有者アテネ大学に返還することになった。

同博物館のスポンサー、クラフトストアチェーン「ホビー・ロビー」が、イラクからの筆写本不法輸入への罰金300万ドル(約3億3千万円)支払いに同意したことで、今回の返還につながった。

この筆写本は12世紀のもので「マニュスクリプト18」と呼ばれる。1991年以来、所在不明となり、7年後にロンドンで開かれたサザビーズオークションに出品され、匿名の入札者に落札された。

「ホビー・ロビー」のオーナー、スティーブ・グリーンが購入したのは2010年になってから。14年に同博物館に寄贈した。

博物館キュレーター主任のジェフ・クロハ氏は、返還決定に特別な問題はなかった、と宗教専門RNS通信に語った。

「私たちは『聖書博物館』だから、『人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい』なのだ」と、マタイによる福音書7章12節(注参照)を引用して語った。

「マニュスクリプト18」は現在、アテネ大学との協定により公開展示され、10月1日に正式に返還される。

注:「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイ7:12)は日本聖書協会の新共同訳。本記事の原文(英語)は、「他人にしてほしくないことのように、他人がしてほしくないことを他人にするな」と訳せる。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング