総動員伝道の「種まき伝道」 今年は千葉市若葉区でトラクト5千枚配布

2018年5月25日20時36分 執筆者 : 姫井雅夫 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+総動員伝道の「種まき伝道」 今年は千葉市若葉区でトラクト5千枚配布
今年の「種まき伝道(Seed Sowing Ministry=SSM)」に参加した人々。2日間で5千枚のトラクトを配布した。(写真:総動員伝道提供)
- 広告 -

総動員伝道では「種まき伝道(Seed Sowing Ministry=SSM)」として、毎年、地域を選定してトラクト配布を行っている。今年は千葉市若葉区に配布するよう導かれ、延べ14人が5月14、15日の2日間で5千枚のトラクトを配布した。

参加者は若葉区の中心駅である都賀駅に集合し、都賀、西都賀、都賀の台、貝塚、桜木と、地区割りをして回った。配ったのは、この地域にある3つの教会を紹介するチラシと、いのちのことば社の全国家庭文書伝道協会(EHC)から無料で提供してもらった5千枚のトラクト。教会紹介のチラシをトラクトに折り込んで配布した。中にはこの伝道のためにハワイから来日し、参加した人もいた。

住居が多い地域だったため、5千枚のトラクトもわずか2日間で配ることができた。一方、最近は共働きの家庭が多いためか、家々を訪問しても人に会うことが少なく、またアパートも空室が多く、伝道の困難さを感じさせられた。

神学生時代によく訓練を受けた伝道方法は、トラクト配布伝道や路傍伝道、個人伝道などだった。一軒一軒訪ねてチラシやトラクトを配るトラクト配布伝道。街角に立って大きな声で集会案内をする路傍伝道。公園のベンチに座っている人たちに「大いなる救い」などの小冊子を手渡して話をする個人伝道。

総動員伝道が毎年行っている「種まき伝道」は、トラクト配布伝道という昔ながらの伝道手段だ。開拓伝道に派遣されたときは、まずトラクト配布から始めた。誰でも、いつでも、どこででもできる伝道方法の1つが、このトラクト配布伝道であろう。昔ながらの方法ではあるが、これを実践して宣教を拡大していきたいと願っている。

総動員伝道の「種まき伝道」 今年は千葉市若葉区でトラクト5千枚配布
右から2人目が総動員伝道の姫井雅夫代表(写真:総動員伝道提供)

(文・姫井雅夫=総動員伝道代表)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング