米ウィロークリーク教会のビル・ハイベルズ牧師、男女2人の牧師を後継者に指名

2017年10月19日09時51分 印刷
+米ウィロークリーク教会のビル・ハイベルズ牧師、男女2人の牧師を後継者に指名
ウィロークリーク教会のビル・ハイベルズ主任牧師(写真:Ianphilpot)

米シカゴ郊外にあるメガチャーチ、ウィロークリーク・コミュニティー教会は14日、創立者のビル・ハイベルズ主任牧師(65)が来年10月に引退し、男女2人の牧師を後任者として発表した。

毎週2万人以上が礼拝に参加する同教会を新たに導くのは、ヘザー・ラーソン氏(42)とスティーブ・カーター氏(38)の2人。これまで幹部牧師として仕えてきたラーソン氏は主任牧師に、教育担当牧師を務めていたカーター氏は教育主任牧師となる。

1975年に同教会を創立したハイベルズ氏は、来年10月に主任牧師を辞任するまで、2人の後継者を指導し、その後は創立牧師となる。2人の新しい指導者を歓迎し、次のように語った。

「その資質が認められ、尊敬されている2人の指導者を歓迎します。彼らは私たちの教会の価値観を受け入れており、彼らに与えられた素晴らしい賜物(たまもの)と能力に合った役割を担うのです。スタッフと会衆はこれまで、彼らのリーダーシップに熱い視線を注いできました。私たちが前進していくとき、この2人を指導者とする新しいモデルがウィロークリーク教会の繁栄の助けとなるとまったく確信しています」

ラーソン氏は約20年前にウィロークリーク教会のスタッフに加わった。主に教会の慈善事業の分野で活躍し、国内外のさまざまな働きでリーダーシップを発揮。5年前から幹部牧師を任されていた。

「彼女は、与えられたすべてのリーダーシップの役割において成功しています」。ハイベルズ氏はヘザー氏を評価し、「彼女の非の打ちどころのない性格と影響力のあるリーダーシップの能力は、彼女を私が知っている最高の教会指導者の1人としています」と言う。「ウィロークリークの全教会の主任牧師という新しい役割において、彼女は私たちの教会を、神が行かせたいと望んでおられるところへ、素晴らしい未来へと間違いなく導き続けると確信しています」

ハイベルズ氏から15年間にわたって指導を受けてきたカーター氏は、5年前に教会の教育チームに加わった。ウィロークリーク教会に来る前は、カリフォルニア州とミシガン州の教会で経験を積んでいる。

ハイベルズ氏は、スティーブ氏の「教育に対する純粋で真性な賜物」と「人々に向かう深い愛」を称賛する。「彼は私がこれまで一緒に働いてきた人の中で、最も賜物が豊かなコミュニケーターの1人であり、私たちの教会の価値観を受け継いでいる人です」

ハイベルズ氏は主任牧師を退いた後も同教会の働きに携わり続け、同教会から生まれた国際的なキリスト教団体である「ウィロークリーク協会」(WCA)と、WCAが世界130カ国で開催している「グローバル・リーダーシップ・サミット」(GLS)にさらに力を入れていくとしている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース