恵みを共に受け継ぐ者 安食弘幸(62)

2017年2月5日20時09分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「夫たちよ。妻が女性であって、自分よりも弱い器だということをわきまえて妻とともに生活し、いのちの恵みをともに受け継ぐ者として尊敬しなさい」(Ⅰペテロ3:7)

「プロポーズ、あの日にもどって、ことわりたい」

こんな川柳が笑えないほど、今日、多くの夫婦関係が病んでいます。

聖書は「(配偶者は)神からの命の恵みを共に受け継ぐ者」だと教えています。ですから、幸せな結婚生活とは、共に神の恵みを受けながら歩む生活です。そのために、次の5つのことを心に留める必要があります。

1. 祈る

私たちがまず祈るべきは、世界が変わったり、他人が変わることではありません。自分が変わるように祈るべきです。夫婦喧嘩(げんか)をしたとき、自分中心に「妻がいかに間違っていたかを悟り、反省するようにしてください」と祈るのではなく、「神様、すぐに怒ってしまう私の弱い心や、忍耐力のなさを赦(ゆる)してください。そして、これからは妻に優しくできるように変えてください」と祈るべきです。このようにして自分が変われば、相手も変わってきます。

2. 謙虚になる

聖書は「なぜあなたは相手の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁(はり)には気が付かないのですか。相手に向かって『あなたの目のちりを取らせてください』などと、どうして言うのですか。見なさい、自分の目には梁があるではありませんか」と警告しています。

私たちは、自分は相手よりも愛情が深く、寛容で、思いやりがあり、責任感が強いと錯覚しているので、相手の失敗や弱さを我慢できなくて責めてしまうのです。しかし、謙虚になって自分の姿を見つめるならば、自分も同じような失敗や弱さの中にあることにすぐに気が付くはずです。

3. 怒りの処理

何年も一緒にいる夫婦なら、どの言葉を言えば相手は怒り出すか予測が立ちます。夫婦喧嘩にはだいたい1つのパターンがあるはずです。こう言えば、ああ言う、ああ言えば、怒り出す。そうであれば、その言葉を発しないようにすべきです。それなのに、何十年も同じようにしている夫婦は意外と多いのです。

4. 赦す

クリスチャンの米国の精神科医ジェラルド・ジャンポルスキー博士は、「人生の目的は『愛すること』『赦すこと』だと理解すれば、私たちの人生はより深い意味を体験し始めることになります」と言います。

私たちが相手を無条件で赦すのは、主イエスが、敵が赦しを求めて来る前に相手を先に赦された、その姿に倣う者だからです。

これが私たちの平安の道であり、神の恵みを受け継ぐ秘訣です。素晴らしい結婚生活を送りたいのなら、まず相手を赦し、受け入れるのです。惨めな結婚生活を望むなら、相手を赦さないことです。

赦すか赦さないかは、各自の自由意思をもって決められることです。結婚生活は、赦し合うことの素晴らしさを体験する場でもあるのです。

5. 苦難を成長の糧とする

どんな夫婦も、子どものこと、病気、事業の失敗、両親の問題、経済的な問題などの苦難に直面します。しかし、これを2人で乗り越えたときには、さらに夫婦の強い絆が築き上げられます。夫婦は弱い人間のペアであり、未熟な混合ダブルスです。ですから、助け合うことが必要なのです。家庭に苦難が訪れたとき、夫婦は力を合わせて立ち向かうのです。その時、夫婦の絆は強くされていくのです。

苦難は、夫婦が人間としても成長する大きなチャンスなのです。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース