同志社大、創立150年に向けて特設ホームページを公開「同志社大学VISION2025」

2017年1月26日15時20分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:同志社大学
+同志社大、創立150年に向けて特設ホームページを公開「同志社大学VISION2025」
特設ホームページ「同志社大学VISION2025」のスクリーンショット

同志社大学(京都市)は24日、創立150年に向けて本学の教育・研究体制などの方針をまとめた特設ホームページ「同志社大学VISION2025」を公開した。同ビジョンの核となる6つのテーマやコンセプトの紹介、学長メッセージを掲載し、4月から順次情報を更新していく。

創設者・新島襄の志を受け継ぎ、設立以来、創造と挑戦を続けてきた同志社大学。さらに今回、創立150周年に向けての同志社大学のビジョンを明らかにした。同ビジョンのコンセプトは、不透明な現代において、一人一人がその手に舵を握って「ALL DOSHISHA」で「人を変え、世界を変えていく」ことだ。かつて新島襄が、幕末の先の見えない時代に大海に飛び出したように、視野を世界に向け、新たな理想のビジョンを描き、「躍動する同志社大学」を目指す。

同ビジョンのテーマは、「学びのかたちの新展開」「キャンパスライフの質的向上」「創造と共同による研究力の向上」「『志』ある人物の受け入れ」「『国際主義』の更なる深化」「ブランド戦略の展開」の6つとなっている。大学に関わるほとんど全ての事柄が網羅され、それぞれのテーマに沿った目標が掲げられるとともに、実現のための実践的な方法も同時に示されている。

同大の松岡敬学長はメッセージの中で、「140年以上に及ぶ本学の歴史・伝統は、創立以来、創造と挑戦を続けてきた革新の歴史です。『躍動する同志社大学』へ。一緒に、この国を、世界を変えていく大きな挑戦へと漕ぎ出せる幸せに感謝しています」と語っている。

特設ホームページ「同志社大学VISION2025」

関連タグ:同志社大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教育の最新記事 教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース