金城学院大、航空業界への就職支援を強化 ANAビジネスソリューションと教育連携協定を締結

2017年1月25日13時55分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:金城学院大学
+金城学院大、航空業界への就職支援を強化 ANAビジネスソリューションと教育連携協定を締結
金城学院大学のキャンパス(写真:金城学院大学提供)

金城学院大学(名古屋市)は17日、ANAホ-ルディングス傘下でANAエアラインスクールを運営するANAビジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区)と教育連携協定を結ぶことを発表した。締結式は2月9日、同大で行われる。

英語英米文化学科や外国語コミュニケーション学科を設置する同大は、航空業界を志望する学生も多く、すでに2006年からJAL協力の実践的なプログラム「エアラインプログラム」も実施し、航空会社関連施設での実地研修や、成田国際空港でのインターンシップを行ってきた。

今回の協定は、さらに学生の就職活動支援を強化するのが狙い。今後は、協定に基づき、キャビンアテンダントやグランドスタッフなど、エアライン業界で活躍する人財の育成を目的とした「ANAエアラインスクール学内講座」を開講する。

講座は、ANAエアラインスクールのベーシックコースを4日間に凝縮した集中講座とANA中部空港での実務体験をセットにしたプログラム。講師は、現役キャビンアテンダント・グランドスタッフが務め、ANAが培った「おもてなしマインド」を醸成するプログラムを実施する。さらにその実践として、ANA中部空港での実務体験が受講可能となっている。

2013年10月に開校したANAエアラインスクールは、ダブルスクール形式で学ぶことができ、全国の大学、短期大学、専門学校とも教育連携協定の締結を進めている。AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤーの客室乗務職採用推薦校にも指定されている。採用を保証するものではないが、2017年新卒最終合格実績はかなり高い数字が示されている。

金城学院大学は1889年、米国人宣教師アニー・ランドルフが私邸の中に「私立金城女学校」を開いたことに始まる。キリスト教精神に基づいた一貫した教育理念のもと、豊かな人間性と高度な実践的能力をバランスよく兼ね備えた女性の育成に力を注いできた。

現在では 5学部12学科、2研究科の体制の中、5300人を超える学生が学ぶ女子総合大学として、航空業界だけでなく各分野に多くの卒業生を送り出している。

関連タグ:金城学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース