立教大、上海に中国事務所を新設 韓国、ロンドン、ニューヨークに続き4カ所目

2017年1月20日16時30分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:立教大学
+立教大、上海に中国事務所を新設 韓国、ロンドン、ニューヨークに続き4カ所目
上海に中国事務所を新設した立教大学(画像:立教大学提供)

立教大学(東京都豊島区)は1日、中国の上海市に海外事務所を新設した。2014年に開設した韓国事務所(ソウル)、ロンドン事務所、ニューヨーク事務所に続く4カ所目の海外事務所となる。今後は、広報活動と共に、中国国内の大学、高等学校とのネットワークを構築し、関係を強化していく。

同大は、2014年に公表した国際化戦略「Rikkyo Global 24」を基盤とした構想が、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、2024年に2千人を超える留学生が学ぶグローバルなキャンパスの実現を目標としている。

現在、同大では年間約850人の外国人留学生を受け入れており、うち約45パーセントが中国からの留学生である。年々その割合が増えていることを踏まえ、同大では、中国最大の経済都市である上海市に海外事務所を設置することで、より多くの優秀な留学生を獲得したいと考えている。

なお、「Rikkyo Global 24」は、創立150周年に当たる2024年を目標年度とする国際化戦略で、学生の海外派遣、留学生の受け入れ、海外大学との協定、外国人教員比率など24のプロジェクトごとに目標を設定しており、海外事務所の設置もその中の1つ。同大は、これらを基盤とした構想「グローバルリベラルアーツ×リーダーシップ教育×自己変革力―世界で際立つ大学への改革―」が、「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、アジアの大学として存在感を高め、世界で際立つ大学として、国際社会への貢献を目指している。

関連タグ:立教大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース