人は生きるために生まれてきた 菅野直基

2017年1月18日15時55分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
関連タグ:菅野直基

旧ソ連の詩人・小説家のポリス・パステルナーク(Boris Leonidovich Pasternak、1890~1960)は、「人は生きるために生まれる。生きる準備をするために生まれるのではない」と語りました。

人生は丸々本番。「こうなったら~」という生き方はやめましょう。

例えば、人生を丸々本番として生きない子どもがいたとしたら、「今は小さいけど、大きくなったら~がしたい」と、生きることになります。

しかし、大きくなり、大きくなったことが現在になった途端、今度は、「もっとお金をもうけるようになったら~がしたい」「もっと偉くなったら~がしたい」「結婚したら~がしたい」となり、終わりのない堂々巡りです。

仮に結婚をしても、「子どもが生まれたら~がしたい」「この子が大きくなったら~をしよう」「この子が働くようになったら~しよう」「この子が結婚をしたら~しよう」「孫が生まれたら~しよう」「孫が大きくなったら~したい」・・・となり、一体いつ人生の本番が来るのでしょうか?

人生は、いつも今が本番です。

もし、人生を完全燃焼し、「いつも今が最高!」と感謝しながら生きていなかったとしたら、生物学的には生きていても、死んでいるようなものです。

この世界にただ1人、「死ぬために生まれてきた人」がいます。クリスマスに生まれた「イエス・キリスト」です。十字架で死ぬために生まれました。自分が死んで、死んでいる人を生かすためにです。

自分を造られた神から離れた状態の人を「罪人(つみびと)」と聖書は語ります。根や木の本体から切られた植物がやがて枯れるように、神から離れた人もやがて死にます。人類の死の原因は、神から離れた罪です。

その罪の刑罰を身代わりに引き受けられたキリストを信じ、キリストと出会い、キリストと直結されるならば、神の命が流れ込み、神の命によって生きるようになります。

人は一度死にますが、復活して、永遠の命を頂いて永遠に生きることができます。

キリストを信じ、神と直結して生き始めるならば、人生は輝き出し、本当の自分の人生を生き始めるようになります。今日も丸々本番として、素晴らしい一日をお過ごしください。いつもありがとうございます。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ (メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング