聖書をメガネに 本紙の記事執筆について・その4:記事の執筆の目的・動機について 宮村武夫

2016年7月23日19時36分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

今回と次回は、性に関わる記事やカトリック教会に対する態度を含め、本紙の記事を、記者はどのような目的・動機(今回)で、また、いかなる態度(次回)で書こうと自覚しているか、報告したいのです。

毎月2回開く編集会議で、聖書をメガネに私たちの記事執筆の目的・動機について何回も確認し続けてきました。その場合、直接指針になっているのは、ローマ12章15節、「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」です。

取材の対象になっている方々や事柄を、取材記事の対象として、単に自分の目的の手段とする可能性を自覚し、これとの内なる戦いをなし続ける必要を認めるのです。

記事を書く私たちの本来の使命は、「喜ぶ者といっしょに喜」ぶことであり、「泣く者といっしょに泣」く役割であると受け止めます。ですから「喜ぶ者」の喜びを見逃さず、共に喜ぶ心の広さ、「泣く者」の痛みに共感する心の深さを求め続けねばならない。

そのような心で書かれた言葉が、記事として読者の心に伝達され、読者各自の生活と生涯において、「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」が、多種多様な事態で現実となる。

このような現実・事実が言葉・記事となり、その言葉・記事が新しい現実・事実を生み出すのは、言葉を用いて人の心に生きて働く、聖霊ご自身の働きによると、聖書をメガネに確信します。それで祈りつつ記事を書き、記事を書きつつ祈ります。

そして、どこかから送られて来る多額な資金が、生きた言葉や記事を産しなどしないことを熟知する読者、そうです、あなたから、祈りをもって読まれている、感謝です。

<<前回へ     次回へ>>

宮村武夫

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京深川生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。クリスチャントゥデイ編集長兼論説主幹。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース