聖書をメガネに 記事とコラムの多様性と統一性

2016年4月16日19時56分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

毎週数多くの記事やコラムを掲載でき、しかも数ばかりでなく多様な内容を提供できるのは、まさにインターネットの活用に助けられています。しかし何よりも豊かな多様性は、それぞれの専門分野の知識を持つコラムニスト方が、私たちが分かりやすい表現で書き続けていてくださるからです。また、記者各自の工夫と努力の賜物です。

多様性が増せば増すほど、同時に、記事とコラム全体の統一性が問われてくるのは当然です。どれほど多様な記事であり、コラムであっても、それらは一つの視点と視野を共有すると理解します。そうです、小紙の「報道理念」(全文はこちら)を確認したいのです。

第一の柱は「福音による個人変革と社会変革を標榜」です。平たい言葉で言えば、個としての人間存在を徹底的に重んじ、目的の手段として利用しないのです。また、どのような事態に直面しても、生ける神の義を見上げ、絶望ではなく忍耐と希望をもって人間社会を見るのです。

第二の柱は、言わずと知れた「オンライン報道の使命」です。確かに悪用される可能性や実例を認めるとはいえ、インターネットが福音の理解と伝達にとって本来、恵みの手段として与えられている事実を見抜き感謝し、活用する努力を続けるのです。

第三の柱は「実践的四大方針」です。「福音主義の堅持」。時代と場所を貫く、聖書全体が伝える福音の堅持です。「宣教第一主義」。時が良くても悪くても、あらゆる記事とコラムを通して、御言葉を宣べ伝えるのです。「教会一致とグローバルな視点の提示」。そうです、聖なる公同の教会を信じる。一致と多様性を支えてくれます。「福音文化の普及と社会貢献」。いかに生活するか、いかなる生涯を送るか、文化活動の一切に関わる記事とコラムを目指すのです。

上記の報道理念を、「聖書をメガネに」と提唱しています。この提唱が毎週の多様な記事として表現され、全体に統一性を与えていると願うのです。

宮村武夫

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京深川生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。クリスチャントゥデイ編集長兼論説主幹。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース