バチカン代表団、中国側と非公式に会談 「対話は長い道のり」

2016年6月1日23時27分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:バチカン中国

【CJC=東京】中国の習近平国家主席が4月22、23日の全国宗教工作会議で宗教管理の青写真を定めた数日後、バチカン(ローマ教皇庁)の代表団が再び北京を訪れ、中国側と非公式に会談したことが明らかになった。カトリック系UCAN通信が5月16日報じた。

北京、香港、ローマからの情報をまとめると、今回の会議は4月25~29日までの週に行われた。

会議があったことを確認した匿名の情報提供者は、「前回1月の会談の後、これほど早く今回の会談が開かれたことは、注目に値する」と指摘した。

バチカンが合意交渉を急がず、作業グループで困難な問題を一つ一つ検討する方法に改めた、と見る向きもある。

バチカンの国務省長官ピエトロ・パロリン枢機卿は5月初め、イタリアの雑誌「サン・フランチェスコ」に、「中国とバチカンとの対話は長い道のりであり、これまでも浮き沈みを経てきたが、まだ終わっていない。だが神が望まれれば、成し遂げられるだろう」と語った。

パロリン枢機卿は2009年まで、中国との交渉でバチカン側の責任者を務めていた。

問題の一つは、教皇の許可を得ずに違法に叙階された8人の司教の赦免だとする情報もある。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:バチカン中国

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング