尚絅学院大、中国の浙江越秀外国語学院と協定締結

2016年5月6日11時12分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:尚絅学院大学
+尚絅学院大、中国の浙江越秀外国語学院と協定締結
締結式で握手を交わす尚絅(しょうけい)学院大学の合田隆史学長=写真右、浙江越秀外国語学院の詹文都学長=同左(写真:尚絅学院大学提供)

尚絅(しょうけい)学院大学(宮城県名取市)は4月21日、中国の浙江越秀外国語学院(浙江省紹興市)と協定を締結したことを発表した。締結式は同日、仙台市にある江陽グランドホテルで行われ、同大の合田隆史学長、水田惠三副学長、黄梅英副学長、浙江越秀外国語学院から詹文都学長をはじめ教職員ら6人が出席した。

締結式の中で合田学長は、「尚絅」という校名が中国の古典「中庸」に由来があり、中国との縁を大切にしていることを話した。また、詹文都学長は、浙江省紹興市出身の作家・魯迅の留学先が仙台市であり、とても身近に感じていると語った。22日には、詹文都学長らが同大を訪れ、キャンパス内を見学し、両校のこれからの交流について話し合った。

浙江越秀外国語学院は、英語、日本語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、アラビア語、イタリア語など9種類の言語、約30の国際関連専攻を設置しており、浙江省において最も多くの語学を学ぶことができ、外国語人材育成規模も大きい大学だ。両大学は今後、交換留学事業や、学生・教職員の交流などを行っていく予定だという。

尚絅学院大学は1892年9月、米国バプテスト婦人外国伝道協会から遣わされたミス・ミードをはじめとする女性宣教師たちが開校した尚絅女学会をその前身とし、120年余りにわたり、一貫してキリスト教精神を土台とする人間教育を行ってきた伝統ある大学。国際交流も盛んで、今年もすでに韓国・大田広域市西区の培材大学校、ロシアのハバロフスク地方藝術専修大学、米国イリノイ州にあるシカゴ心理専門職大学院と協定を結んでいる。

関連タグ:尚絅学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング