カトリック正平協・死刑廃止を求める部会、G7開催に当たり死刑廃止を要請

2016年5月25日16時17分 記者 : 行本尚史 印刷
+カトリック正平協・死刑廃止を求める部会、G7開催に当たり死刑廃止を求める要請書発表
日本カトリック正義と平和協議会の死刑廃止を求める部会が24日付で安倍晋三内閣総理大臣と岩城光英法務大臣宛てに提出した「G7開催にあたり死刑廃止を求める要請書」

日本カトリック正義と平和協議会の死刑廃止を求める部会は24日、G7開催に当たり、安倍晋三内閣総理大臣と岩城光英法務大臣宛てに死刑廃止を求める要請書(全文はこちら[PDF])を提出した。

要請書の中で同部会は、「世界人権宣言と日本国憲法を尊重する者として、またイエスの愛の教え(福音)を信じるキリスト者として、2016年5月26、27日のG7伊勢志摩サミット開催にあたり、日本政府に対して改めて、死刑制度の廃止を強く要請します」と述べた。

また、死刑廃止へと向かう国際的な潮流に頑なに逆らい、死刑制度に関する開かれた全社会的議論を始めようともしない日本の姿勢は、これまで長年にわたり国際社会からの批判にさらされてきたなどと述べた。

「国際社会において名誉ある地位を占めるというのは、単にサミットのホスト国となることではなく、世界に対して人権擁護の優れた模範を示すということ」とし、「全世界の国民の自由権・社会権・平和的生存権を確認するというのは、死刑制度を用いて人の生命を奪うことではありません」と述べ、「死刑は国家による殺人」と付け加えた。

さらに、カトリック教会は、全世界で死刑廃止を訴え続けていると説明。現教皇フランシスコも2月21日、死刑廃止に向けた国際的な合意に至るようにと、世界の指導者の良心に訴え掛けたと記し、「たとえ犯罪者であっても、神のたまものであるいのちを生きるという不可侵の権利をもっている」と論じた。

日本政府に対し、「どうかいのちと人権を守る姿勢を世界に示してください。死刑廃止を求める国際社会の声に耳を傾け、死刑の停止・廃止に向けた勇気ある行動をとってください」と訴えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース