牧師ROCKS、東京・四谷で結成3周年ライブ 熊本地震チャリティーライブ8月開催へ

2016年5月20日19時32分 記者 : 守田早生里 印刷
牧師ROCKS、東京・四谷で結成3周年ライブ 熊本地震チャリティーライブ8月開催へ
4県にまたがって牧会をする4人の牧師は、練習時間を取ることが非常に困難。4人のフルメンバーでの出演は8カ月ぶりとなった=5日、東京・四谷のライブハウス「四谷アウトブレイク」で

4人の現役牧師によるロックバンド「牧師ROCKS」が5日、ライブハウス「四谷アウトブレイク」で、結成3周年ライブを行った。4人のフルメンバーでの出演は8カ月ぶり。牧師ROCKSの他、ヘビーメタル、ベリーダンス、ゴスペルなど異色な組み合わせの表現者たちがステージに上がり、集まった約120人の観客を魅了した。

同バンドのベースを担当する関野和寛牧師(日本福音ルーテル東京教会)は、「神様の導きの中で、いつライブをやるのかが決まる。4人のメンバーが4県にまたがり、牧会を行っている。練習なども含め、4人が集まるのは非常に困難。今回は、たまたま8カ月という期間が空いてしまったが、次はいつ、どこでライブを行うかなど、われわれにも分かっていない」と話す。

この日のライブでは、牧師ROCKSのファンだという小さなギターを首から下げた3歳の男の子から、80歳の女性、僧侶、元修道女、その他信仰の有無にかかわらず、多くのファンらが8カ月ぶりの彼らの演奏に酔いしれた。

牧師ROCKS、東京・四谷で結成3周年ライブ 熊本地震チャリティーライブ8月開催へ
多くのファンの熱気で包まれたステージの中、パフォーマンスを披露するベースボーカルの関野和寛牧師(写真中央左)とギターボーカルの笠原光見牧師(同右)

「聖職者である自分と、ロックという音楽をやる自分と、どちらも素の自分だと思っている。どちらも無理してそのようにしているわけではなく、一見両極端に見えるこの二つの自分がいることで、バランスをとっているように思う」と関野牧師は話す。

この3年間を振り返り、「牧師ROCKSの4人で演奏するのは、とても楽しい。誤解を恐れずに言えば、ライブをやるのは宣教をするためとか伝道するためではない。牧師がこうした活動を教会の外でやることで、『壁をぶち壊した』先に見えるものがある」と関野牧師。

「ライブに来てくれる特にノンクリスチャンの方々は、もしかしたら、この混沌とした世の中で、居場所を見失っていたり、型にはまることを嫌っていても、結局ははまらざるを得なかったりする人たちなのでは・・・と思う。その人たち一人一人にも『恐れず一歩を踏み出してみると、何か楽しいことがあるかもしれない』というメッセージが伝わればと思う」

「牧師は、救いを求めている人を手助けするのが仕事だが、ライブでは、たくさんの声援や多くの人の笑顔、『楽しかった』の言葉で、われわれメンバーが元気をもらい、救われている」と話した。

ライブの最中、関野牧師が「壁をぶっこわせ!」と叫んだ意味はここにあったのだ。また、MCでは、先日、関野牧師が友人のライブに行ったとき、友人の計らいで「招待」という形でライブを見ることができたこと、さらに、ライブ会場内ではドリンクも飲み放題だったことなどから、「安心しろ!お前たちも天国への招待チケットを手に入れられる!」と叫んだ。

牧師ROCKS、東京・四谷で結成3周年ライブ 熊本地震チャリティーライブ8月開催へ
(写真左から)ユニークで自虐的なトークで会場を沸かせたMC兼ベースボーカルの関野和寛牧師(日本福音ルーテル東京教会)、この日ライブのために熊本から上京したギターボーカルの関満能牧師(日本福音ルーテル水俣教会・八代教会)、目をつむりながら熱唱する姿が印象的なギターボーカルの笠原光見牧師(日本ルーテル教団浦和ルーテル教会)、ローマンカラーシャツに身を包み、パワフルなドラムを披露する市原悠史牧師(日本福音ルーテル甲府・諏訪教会)

ライブの終盤では、会場が一体となって、拳を突き上げ「アーメン!」と叫ぶ場面も。クリスチャンの男性は、「あんなに大きな声で『アーメン』と叫んだのは、生まれて初めてだった」と話した。また、教会に通う小学生の男子児童は、この日、初めて牧師ROCKSの演奏を聴いた。「牧師先生たち、カッコよかった」と話し、会場を後にした。

メンバーの関満能牧師は、熊本県で二つの教会を兼任している。牧師ROCKSは、8月に熊本県内で「坊主バンド」と共に無料のチャリティーライブを行う予定だ。「熊本県に少しでも元気を届けられれば」と関野牧師は話す。

牧師ROCKS、東京・四谷で結成3周年ライブ 熊本地震チャリティーライブ8月開催へ
熊本地震チャリティーTシャツ表(写真左)と裏(同右)。サイズはXS~2XLまで。ライブ会場でも買い求めるファンが多く見られた。

熊本地震チャリティーライブ 牧師ROCKS VS 坊主バンド
日時:8月2日(火)
場所:ライブハウス 熊本ジャンゴ
熊本県熊本市新市街1‐36サンライトビルB‐1
※入場無料(1ドリンク500円)
※時間など詳細は追って公表

チャリティーTシャツ販売中
※売り上げは熊本チャリティーライブに用いられる
※アメリカンサイズでXS~2XLまで
※1枚2500円(送料込)
申し込みは、住所・氏名・電話番号を明記の上、メール(christian12wear@yahoo.co.jp)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース