人生の清算 安食弘幸(41)

2016年4月18日01時14分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル9:27)

「人生とはクレジットカードのようなものである」。その心は「自分の好きなように使えますが、最後に清算しなければならない」ということです。

ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』という書物があります。原題は『ある心理学者の強制収容所の体験記録』となっています。文字どおり地獄のようなナチス・ドイツによる強制収容所を生き抜くことのできた一人の精神科医の体験です。

フランクルが送り込まれたアウシュヴィッツのユダヤ人強制収容所では、総計150万人のユダヤ人が殺されました。フランクルは収容所生活という極限状態に置かれた人間が、どのような心理的反応をしていくのかを、深い洞察をもって描いています。

「人間は、強制収容所という強制的にある状況に入れられることによって、自分らしく生きることを制限されるのか」という問いに対して、フランクルは「否」と答えます。人間は外的状況に支配されないというのです。なぜなら人間は、自分の自由が極めて制限された状況の中にあっても選択することが可能なのです。すなわち、典型的な囚人になってあたかも獣のような存在になりさがるか、それともなお、人間として踏み止どまり、人間としての尊厳をもって生き、そして死ぬか、ということです。

フランクル自身は、身体的にもひ弱でした。先輩の囚人から「今度の新入りの中で誰か死ぬものがいるとしたら、まず君だろう」と言われました。

そのフランクルが最後まで生き抜くことのできた秘密が何であったのか。フランクルは「苦悩を積極的に引き受け、人生の意味をあくまで問い続けるたくましい精神の持ち主のみが、この地獄の生活を最後まで生き抜くことができた」と言います。

ある時、こんなことがあったそうです。昼間の労働に疲れ、しかも懲罰のために1日絶食させられた囚人たちが、バラックの中にたむろしている。おまけに悪いことには急に停電して真っ暗闇になってしまう。囚人たちの不平・不満は、もはや最高潮に達した。そのような囚人仲間に対してフランクルは、静かに生きる意味を失わないようにと語り掛けるのです。そして電灯が再びともったとき、フランクルが見たものは、目に涙をいっぱい溜めた仲間の囚人が彼に感謝の言葉を告げるために、よろめきながら近づいてくる姿でした。

このようにフランクルは囚人の仲間に、人間として、医師として、精神科医として接することに努めています。そして、この他者に対する愛の奉仕こそが、かえって彼を奇跡的に死の運命から救ったのです。

このように自分の人生に何かの目的や意味を発見することが、生きていく力の源となるのです。逆に自分の人生に、目的や意味を失うとき、その人の心は力を失ってしまうのです。

フランクルは人生の意味についての問い掛けをめぐって、コペルニクス的転回が必要であると説いています。すなわち「人生から何をわれわれは、まだ期待できるかが問題ではない、むしろ人生が何をわれわれから期待しているかが問題なのである」と言います。つまり私の人生は私に何を将来提供してくれるであろうか、という受身の姿勢から、人生から私は何を問われているのかという主体的な姿勢へと転回しなければならないのです。

フランクルは別の書物では、この「人生からの問い」を「神からの問い」というようにも表現しています。私たちの人生は結局、神から与えられた人生をどう生きるかということにかかっています。それは、私たち一人一人が、神から与えられた使命を果たすこと、日々の務めを行う責任を引き受けることにほかならないのです。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース