闇から光へ~的外れからの解放~(4)佐伯玲子

2016年4月12日11時40分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

私を22年もの間縛っていた「天と地の法則」なる「墓信仰」宗教。前回は、そこで「排除せよ」と言われていた「物」についてのお話をさせていただきました。今回は、「行くな」と言われていた「場所」について、お話ししたいと思います。

主な場所として、神社、寺、古戦場や処刑場跡地(大勢の人が無念の死を遂げた場所)、巨大宗教団体施設、そして、なんと!!その中には・・・教会も含まれていました。

神社や寺は、長い歴史の中で、人間の知恵と都合で作られた場所で、神主や住職は、あくまでビジネス的な職業であって、神から選ばれた人たちではない。「排除すべき物」と同様に、「神仏を利用しようとする場所」にもマイナスの気(宇宙から来る神様の波動を邪魔する悪い気)が届けられているので、首と尾てい骨から「気」を取られ、具合が悪くなるから行くな、と言われていました。

神殿や本堂が、いつでもひんやりして冷たいのは、そういうマイナスの悪い気が原因だと教えられました。確かに、夏の暑い時期も、クーラーがかかっているわけでもないのに、お寺の本堂や位牌堂の空気の、異様なくらいの冷たさに、大いに納得したものです。

さらに、自分の欲を成就したいと必死に願掛けに来る大勢の人たちの「念」も、マイナスの気がいっぱいで、電気がプラスからマイナスに流れるように、元気な人が行くと、マイナスの気を持って願掛けに来た人たちによって、元気なプラスの気を奪われてしまい、家内安全、無病息災どころか、逆に病気になり、事故に遭う! だから行くな、とも言われました。

しかし、どうしても行かなければいけない場合は、教団で売っている、観音像が彫り込まれたペンダントトップ、プラチナと金の二つを重ねて首の後ろ「ぼんのくぼ」にふたするように貼り、さらに同じく販売していた、観音像が印刷された、金と緑のそれぞれお札を重ねて尾てい骨上に、こちらもふたをするように貼って防御し、祈ってから入るようにと言われました。

確かに神社や寺に行くと、首の気が詰まった感じに頭が痛くなったり、腰が痛くなったりしたことがあったので、ますます信じてしまいました。このようにして、私は徐々に「恐れの霊」に縛られていき、その奴隷となっていったのです。

ですから、たとえ前述したような防御対策をしていても、「恐れの霊」に支配されていた私は、それでも不安でした。今は「イエス・キリストの血潮」と「イエス・キリストの御名」で、全くもってへっちゃらのちゃらですが・・・(笑)。あらためて、イエス様の十字架の贖(あがな)いによって、悪魔に勝利している者とされていることを、主に感謝します!

古戦場や処刑場跡地は、浮かばれていない死者の霊障を受けてしまう、巨大宗教団体施設は、偶像礼拝で気を取られるから行くなと言われました。

そして、教会もまた、イエス・キリストという“人”を礼拝し、その新興宗教が言うところの、“真”の神様が存在する所ではない上に、お墓に人間の元気の素があるのだから、「お墓に行かず教会に行く」というのは間違っていると言われました。あくまで、イエス・キリストは釈迦と同じく「神様に選ばれた優れた人ではあったが、神様ではない」という教えでしたので、教会にもマイナスの気が流れていて、教会に行くと風邪を引く、と言われたのです。

ですから、マルセまゆみ先生に、私の家の近くに知っている教会がある、と連れて行かれたときは、あらかじめ、首の「ぼんのくぼ」にはペンダント、腰にはお札を貼り付けてしっかり防御し、恐る恐る中へと入ったものです(笑)。が、入った瞬間、寒さや冷たさではなく、温かいものが流れているのを感じました。頭痛も起こりませんでした。

そして、そこで祈っていただき、促されるまま信仰告白までしたのです!(その話はまたおいおい詳しくお話しいたします)

そんな私でしたが、後日その教会に行ったとき、逃げ出したくなるほど引いてしまう出来事に遭遇したのです! それは・・・(つづく)

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング