カトリック教会、クリスマスイブのミサでホバーボード使用したフィリピン司祭の資格停止

2016年1月6日21時09分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+カトリック教会、クリスマスイブのミサでホバーボード使用したフィリピン司祭の資格停止
クリスマスイブのミサでホバーボードに乗っている動画が投稿されたことを受け、フィリピンの司祭が教区の指導者から処分を受けた。(画像:NOVUS ORDOのフェイスブック)

クリスマスイブのミサでホバーボードを使用していたフィリピンの司祭が、聖体拝領で「無礼を働いた」としてローマ・カトリック教会サンパブロ教区により資格を停止された。

GMAニュースの報道によると、ラグナ州ビニヤンにある奇跡のメダル教会のアルベルト・サン・ホセ司祭が、先週のクリスマスイブのミサで、ホバーボードに乗って動き回る姿が撮影された。

動画が公開されたが、ホセ司祭の行動はサンパブロ教区から非難され、このことについて反省するために「しばらくの時を過ごす」ことが後に発表された。

「それは間違いでした」と教区のフェイスブックページの投稿にはある。

「聖体拝領には最大限の敬意と崇敬が払われる必要があります。主の犠牲の記念です。クリスチャン生活の源であり極致です。教会の礼拝の最も崇高な形です。従って、聖体拝領は誰かが気まぐれに、人々の関心を引くような要素を取り入れられるような個人的な記念ではないのです」

司祭は現に起きたことについて謝罪しており、これが「モーニングコール」のようなもので、同様のことを2度と起こさないことを約束した。

「彼は教区から離れ、過去の出来事を反省するためにしばらくの時を過ごす予定です。起きたことについて謝罪したいと望んでいます」と教区は投稿した。

BBCニュースによると、この動画はカトリック保守派のグループ「ノヴス・オルド」によってインターネットに投稿された。「ノヴス・オルド」は、司祭の行動は「主と全ての貧しい魂の救いに対する完全で全般的な無礼だ」と主張した。「歌うことすらできないはずです」

他のSNSのユーザーはホセ司祭を擁護したが、教会でホバーボードを使うことは「ただの楽しみ」だと論じた。

「私はローマ・カトリックの信者ですが、定期的にミサに出ているわけではありません。もしこの方のような司祭がもっといるなら、ミサに戻りたいと思わされたかもしれません。伝統を叫ぶなら、熱心なカトリックのほとんどですら失うでしょう」とカナダ在住のロブ・トレイナーさん。

CIAのファクトブックによると、フィリピンの人口の82・9パーセントがカトリック信者だ。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング