映画『袴田巖 夢の間の世の中』 2月27日より上映開始(動画あり)

2016年1月5日16時39分 印刷
関連タグ:袴田巖
+映画『袴田巌 夢の間の世の中』 2月27日(土)より上映開始(動画あり)

えん罪による48年の拘禁生活から解き放たれた袴田巖さんを描いた映画『袴田巖 夢の間の世の中』が、2月27日(土)よりポレポレ東中野(東京都中野区)などで上映される。

主よ、いつまでですか 無実の死刑囚・袴田巖・獄中書簡』(新教出版社、1992年)の著者でもある袴田さん。彼を支援する教会関係者の間では、獄中で洗礼を受けたカトリック信徒としても知られてきた。

しかしこの映画は、「袴田巖さんの48年ぶりの暮らしに寄り添い、生きることの尊さを静かに語り掛けていく」という。

2014年3月27日、「重要な証拠が捜査機関によってねつ造された疑いがある」「これ以上拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する」として、袴田さんは即日釈放された。「袴田事件再審決定」がその日のトップニュースで報じられたが、検察側が即時抗告したため、袴田さんは今も死刑囚のままだ。

「袴田事件は終わった、えん罪もない、死刑制度も廃止した・・・」そう語る袴田さん。ある時は警視庁総監になり、ある時は裁判長になり、ある時は松尾芭蕉になる・・・。この映画では、長い拘禁生活による袴田さんの「妄想の世界」を、日常という「現実の世界」がゆっくりと包み込んでいく。

布団で寝る、買い物に行く、好物のあんぱんを食べる、ゆっくりお風呂に入る、テレビを見る、将棋を指す、うたた寝をする、怒る、笑う・・・。「平凡で当たり前のことが、本当は誰にとっても特別なことなのかもしれない」と、監督の金聖雄(キム・ソンウン)さんは言う。

袴田さんの姉、秀子さんは、この映画のチラシの中で「巖のあるがままの姿を見てほしい」と述べている。

特別鑑賞券(前売券)や上映予定などの詳細は、この映画の公式サイトで。

■ 映画「袴田巖」プロジェクト プロモーション動画

関連タグ:袴田巖

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース