【インタビュー】賛美と手品と子育てと クリスチャンシンガーTAKEOさん

2015年11月26日12時20分 インタビュアー : 守田早生里 印刷
関連タグ:TAKEO
賛美と手品と子育てと クリスチャンシンガーTAKEOさん
祈りを込めて賛美するTAKEOさん。爽やかな低音に魅了されるファンも多い。

透き通るような美しい低音と祈りを込めて歌う姿が印象的なTAKEOさん。牧師家庭に育ち、「剛勇丈夫(ますらたけを)よ、エホバ汝とともに在す」(士師記6:12、文語訳)より、「丈夫(たけお)」と名付けられた。「よく、『丈夫』という名前から、『縁起よく、良い名前ですね』と褒められるのですが、僕の名前には、聖書の言葉が込められているのです」と自己紹介した。

普段は、茨城県内の教会スタッフとして、教会付属の「認定こども園」でバスを運転し、子どもたちの送迎をはじめ、事務のスタッフとして忙しい日々を過ごしている。その合間を縫っての音楽活動は、決してたやすいものではないが、「行く先々での出会いと導き」を大切にコンサート活動も行っている。子どもたちが集まる場所では、大好きなマジックも披露する。子ども心を捉える鋭い感性は、日常の中で毎日子どもと接しているTAKEOさんの、賜物の一つといえるだろう。

2013年にリリースされた初アルバム『恵みの歌』では、収録した一曲一曲に思いがあった。自身の子どもが誕生した時には、大切な命が誕生した喜びといとおしさを込めた「大切な命よ」を作り上げた。「ありがとう 君がここにいる今を ありがとう 主がともにいる いついつまでも」という詩の中に、子育てをしている中でどんなにつらいことがあっても、親にとってはかけがえのない命なのだということを、柔らかなバラードで表現した。他にも、2011年に結婚した最愛の妻へ送った曲なども収録されている。星野富弘さんの詩に、さまざまなクリスチャンアーティストたちが曲をつけ、昨年、オムニバスアルバムとしてリリースされた『Colors of Tomihiro』にも参加。全国のコンサートで、さまざまなクリスチャンアーティストたちと共演を果たしている。

賛美と手品と子育てと クリスチャンシンガーTAKEOさん
子どもたちが集まる場所では、大好きなマジックも披露する。大きなカバンの中は、手品の道具でいっぱいだ。子ども心を捉える鋭い感性は、TAKEOさんの賜物の一つだ。

11月初めに千葉県内で行われた教会コンサートでは、歌声を披露するとともに、マジックや証しをした。証しの中でTAKEOさんは、東日本大震災の経験を話した。勤め先の認定こども園で評議委員会に出席していたTAKEOさんは、午後2時過ぎに大きな揺れを感じたが、その前日にも茨城県では地震が発生していたので、「またすぐに収まるだろう」と思っていた。しかし、その揺れは次第に大きくなり、立っていられないほどの揺れが続いた。手分けして子どもたちの部屋へ急行し、子どもたちを園庭へ避難させた。一番小さい0歳児は、一人一人を抱っこしながら避難させた。遠くでは火災が発生し、橋という橋は崩れ、紙、水、油の供給や上下水道の使用も困難な状態になった。「20リットルのガソリンを入れるのに、1時間並びました」と当時を振り返った。「『いつまでもあると思うな親となんとか』と申しますが、いつも当たり前のようにあった日常は、実は当たり前でもなんでもないのですね。私はあの時、身をもって体験したように思います」と話した。

震災と同年にTAKEOさんは結婚。しかし、翌年、義姉にがんが見つかった。夫婦共に大きなショックを受け、すぐに姉を見舞うことができなかった。「祈ってるよ」「神様が共にいますよ」という言葉は、本当に苦しんでいる人の胸に届くのだろうか。そんな時に、ピアノを触りながら自然にできた曲が「生きるwith Jesus」であった。

「避けられぬ試練 負わされ 壊れそうになって 今 心の痛みは 誰にも告げられぬまま」で始まるこの歌は、絶望の淵にいる時も、イエス様が共にいてくださる幸いを信じて仰ぎ、生きていこうと続く。

「『信仰』とは、信じて仰ぐこと。なにかふわふわしたようなものではなく、私たちを支えてくれる、これ以上ない確かな生き方なのです」とTAKEOさんは話す。さまざまな困難な中にあって、人は信仰を支えに生きていく強さを持つというのだ。

12月1日には、TAKEOさんも参加しているクリスマス・コンピレーションアルバム『The Gift』がアルファトラックスより発売される。7組のアーティストが心を込めて歌う「クリスマスの奇跡」などのオリジナル曲のほか、「O Holy Night」「もろびとこぞりて」などのスタンダード曲を含む全14曲が収録されている。アルファトラックスのウェブサイトから予約購入できる。

関連タグ:TAKEO

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース