ホーム > 事件・事故  

名古屋市守山区で殺人か 妹が自首 住宅に50代男性の遺体

2015年11月24日07時22分 印刷
+名古屋市守山区で殺人か 妹が自首 住宅に50代男性の遺体
女性が自首しに来た愛知県警守山署(写真:円周率3パーセント)

「兄を殺した」と女性が23日夜、愛知県警守山署に自首し、警察が女性に従って名古屋市守山区の住宅を訪れたところ、50代とみられる男性が死亡しているのが見つかった。男性の死因や身元は明らかでないが、警察は自首してきた女性の兄とみて、殺人事件の可能性もあるとして詳しい捜査をしている。TBSなどが伝えた。

報道によると、23日午後9時40分ごろに男性の妹を名乗る女性が守山署に自首し、午後10時25分ごろに警察が遺体を発見した。妹だという女性は、ひもを使って兄だとする男性の首を絞めたなどと話しているという。

遺体が発見されたのは、名古屋守山区中志段味唐池(なかしだみからいけ)の住宅で、朝日新聞によると、JR中央線高蔵寺駅から約2キロ南西の住宅街にある。

関連記事

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング