裏切り者を赦す愛に支えられて 菅野直基

2015年10月7日07時13分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
関連タグ:菅野直基

聖書で「裏切り者」というと、真っ先に思い浮かぶのは「イスカリオテのユダ」ではないかと思います。イエスに選ばれて弟子となり、信頼されて会計係となり、最後まで愛されたにもかかわらず、ユダはイエスを裏切りました。

ユダがイエスを裏切った理由は、イエスこそ、祖国イスラエルをローマ帝国の支配から解放してくれる政治的リーダーとして期待し、イエスが政権を取ったときには、大臣として権力を得たいという思惑があったのだろうと思います。しかしイエスは、全人類の罪の贖(あがな)いのために十字架にかかって死んで復活する救世主であると知った時に、思惑と違ったので「裏切られた!」と思ったのでしょう。

ユダは、イエスの弟子でありながらイエスを救い主と信じることなく、会計を任されていましたが少しずつお金を盗んでいました。最後は、悪魔に心を乗っ取られ、イエスを十字架につけるために、最も愛情を示すキスという目印をもって引き渡すという裏切りを行いました。

ユダはその後後悔して、最後は首をつって自決しました。日本の武士道的に考えると、潔い最期に見えないことはありませんが、イエスは最後までユダを愛し、赦(ゆる)し、悔い改めて回復するチャンスを与え続けました。公にユダの罪を責めることがなかったのは、ユダが悔い改めることを願っていたからです。

普通の宗教指導者、教師、リーダーなら、このような裏切り者をまず赦しません。裏切りというのは、この世の中では命取りになることもあります。また、取り返しのつかない汚名を着せられることもあります。

裏切りは、当然ですが故意にすべきではありません。しかし、仕方なく、結果的に裏切りを犯してしまうこともありますし、感情的に傷ついたり、疑心暗鬼に陥ったりしてどうしようもなく裏切ることもあり得ます。

今日、イスカリオテのユダの裏切りをどこまでも赦そうとしたイエスの姿に思いを向けてください。この方は、どんな裏切りも赦そうと待っていてくださり、その裏切りの罪を赦すために十字架にかかって死んでくださいました。人や社会は裏切り行為を看過してくれないかもしれません。しかしイエスは、裏切り者を赦し、人生をやり直すチャンスを与えてくださいます。

裏切りを他人事として考えていたら、「とんでもない!?」と息巻くかもしれません。しかし私たちも、人生のどこかで誰かを裏切ったことがあるだろうと思います。また何より、神に対して背を向け、何度も裏切り続けている存在です。でもイエスは、あなたの裏切りを赦し、受け入れ、人生をやり直すチャンスを与えてくださる方です。今日、イエスのもとに一緒に行きましょう。

イエスはあなたを愛しています。あなたを赦してくださいます。何度でも立ち上がらせてくださり、何度でもやり直すチャンスを与えてくださいます。

聖書は、因果応報や宗教を教えるのではありません。あなたにとって良いニュースが書かれています。裏切り、罪は決して赦されるものではありません。しかし、その罰をイエスは十字架で背負って死なれたので、信じる人は赦され、救われるのです。

「神が御子(イエス)を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである」(ヨハネ3:17)

どこまでも赦してくださる愛に支えられて、今日も歩んでまいりましょう。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

■ 外部リンク:

新宿福興教会ホームページ
(メッセージをくだされば、みなさんの近くの教会を紹介致します)

菅野直基牧師のフェイスブック

関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース