安保法案、審議大詰め 雨の中国会前では深夜まで抗議デモ キリスト教団体・大学有志らの姿も

2015年9月17日11時46分 記者 : 行本尚史 印刷
+安保法案、審議大詰め 雨の中国会前では深夜まで抗議デモ キリスト教団体・大学有志らの姿も
国会正門前付近で安保関連法案に反対する人々。右側の緑色の旗は平和を実現するキリスト者ネットワーク(キリスト者平和ネット)の旗で、左側の青色の旗は「共に生きる平和な世界」と記されたカトリック大阪大司教区社会活動センター(シナピス)の旗=16日夜

参議院で大詰めを迎えた安保関連法案の審議をめぐる与野党の攻防が続く一方で、降りしきる雨の中、16日には夕方から深夜にわたって同法案に対する抗議行動が国会前などで行われた。それに先立って同日昼から行われた座り込みには、主催者発表で約3万5000人が参加した。こうした抗議行動の参加者の中には、クリスチャンの姿もあった。

同日夜の国会正門前付近での抗議行動では、平和を実現するキリスト者ネット(キリスト者平和ネット)や、カトリック大阪大司教区社会活動センター(シナピス)などのキリスト教団体や、青山学院大学、立教大学などのキリスト教主義大学の有志らも旗を掲げた。

このうち、「戦争反対!剣を取る者はみな剣で滅びる イエス・キリスト」と書かれた青い旗を掲げていた「Mission エパタ」のキリスト教伝道者、高村昌昭さん(45)=神奈川県在住=は、「伝道だけじゃなくて、こういう社会的なことも含めて伝えていく必要がある」と話した。

安保法案、審議大詰め 雨の中国会前では深夜まで抗議デモ キリスト教団体・大学有志らの姿も
「Mission エパタ」のキリスト教伝道者、高村昌昭さん(45)=神奈川県在住=が掲げていた青色の旗。「戦争反対!剣を取る者はみな剣で滅びる イエス・キリスト」と書かれている。

「自民党がやっていることは明らかに道徳的におかしい」と言う高村さんは、「キリスト教的に言えば、罪とかそういう問題で、自分の道徳観とか善悪の基準とかそういうことがはっきりしてないと、いくらでもこういう悪いことばかりしてしまう」と語った。

また、「考えれば、何が正しいか悪いかって分かりそうなものですけど、そういうことよりもカネもうけ、自分中心というか、自分のカネさえもうかればそれでいいという考え方があるわけだから、『今だけ、カネだけ、自分だけ』のような感じで、そういう生き方をやはり一人一人がやめない限り変わらないのではないかと思います」と語った。

報道によると、国会前では17日も朝から同法案に反対する人々が抗議行動を行っている。

安保法案、審議大詰め 雨の中国会前では深夜まで抗議デモ キリスト教団体・大学有志らの姿も
雨の中、国会正門前付近で安保関連法案に反対する人々。中央奥は、国会議事堂を背景にたなびく「平和と希望を求める青山学院有志の会」の桃色の旗。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース