ビリー・グラハム氏、72年前のきょう結婚 ウェディング写真公開

2015年8月13日22時47分 印刷
+ビリー・グラハム氏、72年前のきょう結婚 ウェディング写真公開
ビリー・グラハム氏と故ルース夫人のウェディング写真(写真:フランクリン・グラハム氏のフェイスブックより)

キリスト教の世界的な伝道者ビリー・グラハム氏(96)と、故ルース夫人(享年87)の72年前のウェディング写真が公開された。

ビリー・ルース夫妻の長男で、同じく伝道者として活躍するフランクリン・グラハム氏(63)は12日、8月13日が両親の72回目の結婚記念日だとして、米ノースカロライナ州モントリートにあるモントリート大学のゲイザー・チェペルで挙式したビリー・ルース夫妻の写真を、自身のフェイスブックで公開した。

白黒の写真には、ズボンは黒、上着は白というタキシードに身を包んだビリー氏と、白のウェディングドレスを着たルース夫人が腕を組み、互いに見つめ合っている姿が写っている。

フランクリン氏は写真と共に、「父は、この日よりも母を愛することがあるとは想像もしなかったが、時がたつにつれ、過ぎ行く日々の中でさらに母を愛していたことを知るようになったと語っていました。これは本当に真実です。母が亡くなって8年になりますが、父は母を懐かしみ、天国で再び一緒になれることを楽しみにしていると、今も私に話します。キリストを中心にした素晴らしい家庭の見本に感謝します」とコメントを添えている。

1918年11月7日、ノースカロライナ州の農場で生まれたビリー氏は、16歳の時、伝道者モルデカイ・ハムの説教を聞き信仰を持つようになった。大学卒業後、43年にルース夫人と結婚。大衆伝道者として国内外を飛び回り、世界中で福音を伝えた。また、多くの米大統領の就任式で祈祷を担当した。日本では、56年、67年、80年、94年の4回、伝道大会を開催している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース