米最大の長老派教会、結婚の定義変更を正式決定 同性婚を容認

2015年3月22日01時04分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+米最大の長老派教会、結婚の定義変更を正式決定 同性婚を容認
昨年6月14日~21日に米ミシガン州デトロイトで開催された、アメリカ合衆国長老教会=PC(USA)の総会。総会は2年に1度開催される。(写真:PC(USA)の公式フェイスブックより)

米最大の長老派教会であるアメリカ合衆国長老教会=PC(USA)は、同性カップルも結婚の定義に含めるとする教会規定の修正案を正式に可決した。

PC(USA)は昨年6月の総会で、結婚の定義を「一人の男性と一人の女性」から「2人、伝統的には一人の男性と一人の女性」に修正することを可決した。しかし、正式な決定には、PC(USA)を構成する171中会の過半数の承認を必要としていた。

米FOXニュースによると、この修正第14条F項として知られるPC(USA)の教会規定の改正案は17日、ニュージャージー州のパリセーズ中会が承認したことで、承認中会数が86と半数を超え正式に決定した。施行は6月21日。

昨年の総会では、約7割近い賛成票を得て修正第14条F項が可決されたため、当初から各中会による承認も順調に進むとみられていた。3月第2週の時点で、承認中会数は79、否決中会数は37となっており、残り7中会の承認が必要となっていた。

79の承認中会のうちの一つは、イーストテネシー中会で、テネシー州チャタヌーガで開かれた会議で賛成61・反対56の僅差で可決した。

「私たちのキャンパス・ミニストリーには、教会で傷つけられ、恥をかかされた経験を持つ学生が多く来ます」とテネシー大学のチャプレン、キャリー・エリオット牧師は話す。

「私たちの目標は、彼らにイエス・キリストの愛を分かち合い、彼らがありのまま、そのままで愛され、歓迎されていることを知ってもらうことです」

PC(USA)が同性愛を受け入れるために大きな行動を起こすのは、これが初めてではない。

2010年の総会では、修正第10条a項を可決し、パートナーのいる同性愛者が按手礼を受けることができるようになった。しかし、この修正第10条a項の可決を受け、150以上の教会が離脱した。

保守派の「長老派信徒委員会」の代表カーメン・フォウラー・ラバージ氏は、結婚の定義の改変について声明を発表し、この改変によってPC(USA)は世俗の基準に屈服したと述べた。

「真理を語り、失われた人々を悔い改めに導くためにこの教派が持っていた預言的な声は今や失われました」とラバージ氏。「PC(USA)ができることは、今となってはこの世の声を反映することだけです。この問題についてはっきりと語っている神を誠実に証しするための警告の声を、教会は放棄してしまったからです」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース