米長老派教会の離脱保守グループ、加盟教会が100を超える

2014年1月16日05時57分 印刷
+米長老派教団最大の教会、より保守的な教団に移籍
PC(USA)から離脱しECOに加盟したテキサス州ダラス市のハイランドパーク長老教会の礼拝の様子(写真:同教会広報部)

アメリカ合衆国長老教会(PC(USA))のリベラルな傾向に対抗し、PC(USA)から離脱する形で創設された保守派グループの加盟教会数が100を突破した。

エバンジェリカル・カブナント・オーダー・オブ・プレスビテリアン(ECO)は、創設されてからまだ2年であるが、2013年末に加盟教会数が100を超え、2014年1月に入ってさらにまた加盟教会を増やしている。ECOは、最近の信徒向けの発表において、加盟教会数100という「マイルストーン」を1つ超えたことを喜んで伝えている。

関係者によると、最近さらに4つの教会がECOに加わり、「ECOはこれら新しい加盟教会を歓迎します。我々を導いて下さる神を称え、2014年を共に成長していくのを楽しみにしています」としている。

新たに加わった教会は、オハイオ州コロンバス市のベスル長老教会、ペンシルベニア州ビーヴァー郡のブリッジウォーター長老教会、サウスカロライナ州レキシントン郡のサックス・ゴータ長老教会、そしてバージニア州ストーントン市のスプリングヒル長老教会の4つ。

新しい教会組織

2012年1月、長老派のあるグループが会合を開き、PC(USA)からの離脱を希望する信徒のため新たに教会組織を形成しようと、詳細を話し合った。教職、信徒を含め約2100人が集まり話し合いを行ったが、そのきっかけの1つとして、最近PC(USA)の総会で同性愛教職を認める決定が下されたことが挙げられる。

PC(USA)の中の保守派層「フェローシップ・オブ・プレスビテリアンズ」がこの会議の中心となり、結果としてECOが創設された。ECOという頭文字は、「家庭」を意味するギリシア語「オイコス(oikos)」をイメージしたものだ。フェローシップ・オブ・プレスビテリアンズは、2012年の声明文でECO創設の趣意を以下のように説明している。

「ECOは、宗派としてはフェローシップ・オブ・プレスビテリアンズの傘下に入る組織であり、教会の繁栄と教職者の育成に継続して尽力するものである」「ECOの特徴は、教職者同士の繋がりを責任ある関係とし、教会に相互評価(ピアレビュー)システムを導入し、教職者を教育することに重きを置き、PC(USA)よりも均衡した組織構成とする」

ECO創設以来、PC(USA)に所属する長老派教会が次々とPC(USA)を離脱し、ECOに加わっている。注目すべき離脱組としては、コロラド州最大のPC(USA)加盟教会であったコロラドスプリングス市の第一長老教会、そしてテキサス州最大のPC(USA)加盟教会であったダラス市のハイランドパーク長老教会が挙げられる。

将来の展望

ECOのウェブサイトによると、ECOは現在107の教会と176人の牧師を抱えている。この数字には、リトアニア、クライペダ市のトーマス・ブーン牧師と、スイス、チューリッヒ市のスコッティ・ウィリアムズ牧師という、アメリカ国外の牧師2人も含まれている。

2012年の創設以来、かなりの規模に成長したものの、ECOがPC(USA)に匹敵するにはまだまだ長い道のりがある。PC(USA)のウェブサイトによると、PC(USA)に加盟している教会は1万262教会、信徒数は184万9496人だ。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース