教皇「お年寄りへの理解・尊重を」

2015年3月10日15時50分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコは4日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場で行われた水曜日恒例の一般接見の際、1万2000人の信者を前に「医学の発達により人間の寿命は延びたが、寿命に対して社会が広がってくれない」と述べ、高齢者が増加する一方で、尊重と理解をもってお年寄りを受け入れる態勢が社会において十分でないと指摘した。バチカン放送(日本語電子版)が報じた。

教皇は、若いうちは年を取ることを考えなくてすむが、実際に老人になったとき、特に経済的問題や病気、孤独を抱えている場合に、高齢者を無視する、効率優先にできた社会の欠陥を知ることになると語った。

教皇は、アルゼンチン・ブエノスアイレスの大司教時代、老人たちの限界は自分たちの限界でもあるということを理解し受け入れることができず、若い人だけを必要とする社会のエゴイズムのために打ち捨てられた多くの高齢者たちの現実に触れたと、疎外され孤独に生きる老人たちのエピソードを想起した。そして、教会の伝統は、「叡智(えいち)の宝庫」である高齢者に常に愛情と連帯をもって寄り添うことを教えてきたと教皇は強調した。

AFP通信によると、教皇は「高齢者の切り捨ては大罪だ」と言明、「お年寄りはエイリアンではない。私たちも間もなく、あるいはいずれ、必ず年を取る。つい、そのことを考えないようにしがちだが」と語った。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース