今年の「子どものための祈祷日」は3月29日 救世軍が祈り呼び掛け

2015年3月2日22時37分 印刷
関連タグ:救世軍
+今年の「子どものための祈祷日」は3月29日 救世軍が祈り呼び掛け
救世軍では、3月最後の日曜日を「子どものための祈祷日」と定めている。今年は3月29日がその日に当たる。(画像:救世軍万国本営の公式ホームページより)

英国に万国本営(国際本部)を置き世界各国で活動する救世軍では、3月最後の日曜日を「子どものための祈祷日」と定めている。今年は3月29日がその日に当たり、世界中の子どもたちを特別に覚えて祈る上で、多くの人々が思いを一つにするため、この日に重点を置くことが勧められている。

「絶えず祈りなさい」(1テサロニケ5:17)の御言葉のもと、全世界共通の祈りの課題として、1)子どもたちに、食べ物、家、きれいな水が与えられるように、2)子どもたちに、安心と安全が与えられるように、3)子どもたちに、健康と十分な医療が与えられるように、4)子どもたちに、十分な教育が与えられるように、5)強制的に労働させられている子どもたちを覚えて、6)子どもたちに、福音を聞く機会が与えられ、神の愛を知ることができるように、の6項目が挙げられている。

救世軍は、世界中で社会福祉や医療活動に取り組み、発展途上国での貧困対策や地域開発などにも携わっている。現在活動している126カ国を、アフリカ、米国&カリブ海諸国、欧州・南アジア、南太平洋&東アジアの5つに分け、それぞれの地域における祈りの課題が、ホームページ上に自由に書き込めるようになっており、祈る人々の助けになるように配慮されている。

また、子どもたち自身が祈りに積極的に加わることができるように、「祈りのパスポート」というパスポート型のリーフレット(日本語英語)も提供している。さらに、創造的な祈りのアイディアとして、「荷札を使った祈り・・・荷札に祈りの言葉を書き、祈りが世界中を旅して回ることを考える」「祈りの輪・・・グループで輪になって祈りの課題を順番に祈る」「祈りのコンパス・・・北・南・東・西に向かって世界の全ての子どものために祈る」「指を使った祈り・・・5本の指を一つずつ折りながら5つの地域のために祈る」といった具体例を提示している。

今年の子どものための祈祷日はちょうど、イエス・キリストのエルサレム入城を記念した、イースター(復活祭)の一週間前の日曜日である「棕櫚(しゅろ)の主日(枝の主日)」と重なる。救世軍万国本営の青年・子ども担当士官であるジャネット・ロブソン少佐(牧師)は、「イエス・キリストが子どもたちに見出していた価値は、この棕櫚の主日に引用された『あなたは幼子と乳飲み子たちの口に賛美を用意された』という詩編の御言葉に非常に明らかだ」と言う。

救世軍は、「イエスがエルサレムに入った日に、子どもたちが重要な役割を果たしたという事実は、私たちを励ましてくれる。私たちも祈りとできる限りの全ての手段で、子どもたちに対する主の姿勢に倣おう」と呼び掛けている。

関連タグ:救世軍

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月6日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,654
(+383)
1,129,775
(+81,772)
死者数 73
(+3)
62,703
(+5,798)
回復者数 584
(+9)
257,455
(+12,436)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース