希望詰まった靴箱を子どもたちへ オペレーション・クリスマス・チャイルド、昨年度は世界で1044万箱

2015年3月1日18時50分 記者 : 坂本直子 印刷
+希望詰まった靴箱を子どもたちへ オペレーション・クリスマス・チャイルド、昨年度は世界で1044万箱
2014年度に集まったシューズボックス(靴箱)の総数は1044万333箱。2013年度の998万箱より増えて、1千万台を達成した。(写真:サマリタンズ・パース)

キリスト教系人道支援団体「サマリタンズ・パース」は、同団体のプロジェクトである「オペレーション・クリスマス・チャイルド」(OCC)を通して、2014年度は、世界中から1044万333箱のシューボックス(靴箱)が集められたと発表した。このうち、日本では1万34箱が集められ、フィリピンの子どもたちに贈られたという。集められたシューズボックスはすでに998万箱が112カ国で配られ、現在もフィリピンを含む100カ国以上でプレゼントの配布が続いている。

OCCは、戦争や飢餓、貧困に直面する100カ国以上の子どもたちに、クリスマスプレゼントをいっぱいに詰めたシューボックスを贈るというプロジェクト。1993年から始まり、同団体のサイトによると、この20年間の活動でシューボックスを受け取った子どもたちは1億人以上に上るという。

日本のOCCプログラムマネージャーであるローレンス綾子さんによると、日本でのOCCの働きは、東日本大震災が起きたとき、東北支援のためにサマリタンズ・パースが事務所を設立したことがきっかけで始まった。そして、最初の贈り先として、日本から近く、現地チームが安定していることから、フィリピンが選ばれたという。

サマリタンズ・パース、“希望の靴箱”を子どもたちへ 世界から1044万箱
プレゼントがいっぱい詰められたシューズボックス(靴箱)を開けて、中をのぞく男の子。すでに998万箱が112カ国で配れたが、現在もプレゼントの配布は続いている。(写真:サマリタンズ・パース)

仙台市にある常盤木学園高等学校のサッカー部も毎年100箱以上を贈っている。女子部員が、仙台市の田中敬康(ひろやす)牧師の集会に出席したとき、ちょうどOCCのブースが出ており、そのチラシを持ち帰ったことがきっかけだったという。昨年も前年に引き続き、パッキングの手伝いをしてくれたことが、同団体のフェイスブックで紹介されている。

また、同団体のサイトでは、シューボックスが子どもたちへ届くまでの様子が紹介されている。一方、国によっては政治情勢や法律が複雑だったり、さまざまな違いがあり、シューズボークスを届けるのに苦労する場合もあるという。

ローレンスさんが、西アフリカの国、ギニアビサウの牧師に聞いたところによると、同国では2012年、港に到着したシューボックスのコンテナを出そうとしていた矢先に軍事クーデターが起きてしまったという。そのため、それまで税関と取り決めていたことが全てひっくり返ってしまった。その後だいぶ遅れて、シューボックスは子どもたちに無事配布されたというが、コンテナをなかなか税関から出せなく、苦労したという。

サマリタンズ・パース、“希望の靴箱”を子どもたちへ 世界から1044万箱
受け取ったプレゼントを両手を挙げて喜ぶ男の子。プレゼントを受け取ることで、自分が大切な存在であることを実感し、目も嬉しさと喜びで輝いている。(写真:サマリタンズ・パース)

同団体では、シューボックスの配布と並行して12週間のバイブルスタディー(TGJ:The Greatest Journey)も実施している。今回も、すでにシューズボックスが配布された112カ国で、バイブルスタディーが行われた。そこで修了した98万人の子どもたちが、イエス・キリストを信じる祈りをしたという。ローレンスさんは、「以前シューボックスを受け取った子どもたちが、今ティーンエイジャー(10代)になり、12週間のバイブルスタディーの先生を務めながら、チームを組んで次世代を建て上げていたのが印象的でした」と話す。

サマリタンズ・パース、“希望の靴箱”を子どもたちへ 世界から1044万箱
日本で集められたシューズボックス(靴箱)の仕分け作業をしているスタッフたち。贈る側も、プレゼントがどんな子どもたちへ届くか期待しながらの作業だ。(写真:サマリタンズ・パース)

「プレゼントの一つ一つは、イエス・キリストの福音を分かち合う機会にもつながる」と同団体は言う。また、プレゼントを受け取って、自分が大切な存在であることを実感し、イエス・キリストにある永遠の希望を受け取っていると報告している。

2015年度のシューボックスの受付期間は、11月17日から21日を予定している。詳細は、同団体のウェブサイトで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース