個性をそこなわない介護を目指して 「東中野キングス・ガーデン」がオープン控え見学・勉強会

2015年2月24日21時12分 記者 : 坂本直子 印刷
+個性をそこなわない介護を目指して 「東中野キングス・ガーデン」がオープン控え見学・勉強会
キングス・ガーデン東京による「看取りケア」の体験ビデオを熱心に鑑賞する参加者たち=19日、東中野キングス・ガーデン(東京都中野区)で

来月オープンする「東中野キングス・ガーデン」(東京都中野区)で19日、見学会を兼ねた勉強会が行われた。参加者は、同施設の目指す介護の在り方と、看取りケアについて興味深く耳を傾けた。

東中野キングス・ガーデンは、小規模多機能型居宅介護と認知症高齢者グループホームを併設する地域密着型のサービス施設。特別養護老人ホーム「練馬キングス・ガーデン」を運営する社会福祉法人キングス・ガーデン東京が、東中野に新しく建てた施設だ。

この日、夕方6時から行われた勉強会には、20人ほどが参加。初めにスライドを見ながら、同施設の説明が行われ、その後2つのグループに分かれて、完成したばかりの5階建ての同施設を1階から3階まで見学した。

1階は、地域交流スペース「キングスカフェ」となっており、多目的室の他にカフェコーナーも設置されている。置かれているテーブルや椅子は全て木製で、床も無垢材が使われており、木材独特の温かみに満ちている。また、昔風のかき氷機なども置かれおり、遊び心も満載だ。

個性をそこなわない介護を目指して 「東中野キングス・ガーデン」がオープン控え見学・勉強会
施設内を見学する参加者。この日は医療関係者の姿が目立った。

2階から上が介護施設。階段に至るまでカーペットが敷き詰められ、住居スペースである2~4全階は床暖房を取り入れておりとても暖かい。1階と同様に置かれている家具は全て木製。施設長の清水冬生(ふゆお)さんの説明によると、施設の内装や家具については、スタッフが一つ一つ吟味し、素材選びを行ったという。

利用者が使ったときに無理な姿勢を取らずにすむよう、きめ細かく工夫されたパブリックスペース。また、居心地よくいられるような工夫が、ふんだんに取り入れられているリビングとダイニング。さまざまなニーズに対応可能な各部屋を見ていると、スタッフがいかに心を込めて、利用者を迎えようとしているかが強く伝わってくる。

同施設では、最新の器具に見られる使い勝手のよさや、便利さを追求していない。水道はセンサーで反応するものではなく、どこかに触れなければ水が流れないようになっている。キッチンのコンロもIH(電磁誘導加熱)ではなく、目で火を確認できるガスになっている。清水さんは、「全てを新しくするのではなく、普段の生活の中で使っていたものを、延長して使えるようにした」「自分の手でどこか触ること、目に見えるようにすることで、自ら動くことを尊重するようしたかった」と説明する。

個性をそこなわない介護を目指して 「東中野キングス・ガーデン」がオープン控え見学・勉強会
1階「キングスカフェ」にあるカウンター。右にあるのは夏に楽しみなかき氷機。

見学のあと、勉強会が行われた。同施設では、入所者に最期まで寄り添う介護を視野に入れている。この日のテーマも「最期まで本人らしさを支える看取りケア」。実際に看取りケアを体験した様子をビデオで見たあと、参加者との活発な質疑応答が行われた。ある女性参加者からの「どこから看取りケアになるのか」という質問に対して、清水さんは「入所した時から」とし、「入所した時から関係性を作っていく過程が、看取りでケアではないか。死を前にして『さあ始めよう』では間に合わない」と答えた。

キングス・ガーデン東京の理事の中島真樹(まさき)さんは、「どういう環境で生活をしたいのか、どういう死に方をしたいのか、一人ひとり違う。このことは、スタッフと入所者の信頼関係で分かるもの」と言う。そして、キングス・ガーデンの看取りケアは、「最期が分かったから、諦めずにきょうを大切にしよう。この人のために後悔が残るより、“今”やろう」というものだと話す。

また同施設では、「認知症は生きていく中で新しく生まれた個性」だと考えている。「個性なのに、それを無理やり抑え込むことは間違っている。これは、他の障がいでも同じこと。その個性を生かして、その人ができることを見つけ、支えていくのが、スタッフの役目」と清水さんは話す。その上で、「これまでの日常生活を奪わないことが大事」だという。同施設が目指す「ありのままの自分でいられる場所」はここでつながる。

個性をそこなわない介護を目指して 「東中野キングス・ガーデン」がオープン控え見学・勉強会
参加者からの質問に答える施設長の清水冬生(ふゆお)さん。自身も生活支援員としての経験を持つ=19日、東中野キングス・ガーデン(東京都中野区)で

また、こうした介護を実践するために必要なのは、地域の協力だ。そのために、1階のキングスカフェが役割を果たす。ここを地域の活動の場としてもらうことで、利用者と地域住民との交流が生まれることを期待している。

個性をそこなわない介護を目指して 「東中野キングス・ガーデン」がオープン控え見学・勉強会
1階「キングスカフェ」の壁に埋め込まれている十字架

さらに、1階のスペースは、神を知ることのできる空間でもある。キングスカフェの壁には、十字架が埋め込まれているのだ。「この地域には、主の導きを必要とされている方が大勢いるはず。この施設がこの地域にある意味は、そういった方々に福音を知らせることだと思っている」と、同施設のコーディネーター奥山寧(やすし)さんは語る。

「夕暮れ時に、光がある」。同施設に与えられたゼカリヤ書14章7節の聖書の御言葉は、逆転的な主の御業を示している。この御言葉は、東中野キングス・ガーデンの新しい試みの励ましだ。

利用者とその家族だけではなく、地域にも大きな可能性をもたらす新しい介護施設のオープンは、今後の介護の未来にも一石を投じることとなるだろう。

社会福祉法人キングス・ガーデン東京のHP
東中野キングス・ガーデンのフェイスブック

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース