『神は死んだのか』『天国は、ほんとうにある』同時公開 渋谷でラニー・ラッカーが記念ライブ

2014年12月13日23時20分 記者 : 竹村恭一 印刷
+『神は死んだのか』『天国は、ほんとうにある』同時公開 渋谷でラニー・ラッカーが記念ライブ
『神は死んだのか』『天国は、ほんとうにある』の同時公開記念ライブを行ったラニー・ラッカーさんとゴスペルクワイアのみなさん。クリスチャンであるラニーさんは「主人公の勇気と信仰に励まされた」と大絶賛した=13日、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)で

映画『神は死んだのか』と『天国は、ほんとうにある』が13日、劇場公開された。神への信仰を扱った2つの映画の同時公開を記念し、この日、両映画が上映されたヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)では、ゴスペルシンガーのラニー・ラッカーが出演する記念ライブが行われた。会場となったエントランスは来場客でごったがえし、170人収容の劇場も満員となった。

『神は死んだのか』は、無神論者の教授とクリスチャンの大学生の“神の存在”をめぐる対決をテーマにした作品。学生たちに「神は死んだ」とサインするよう求める無神論者の教授に、「僕はクリスチャンです。書くことはできません」と答えるジョシュ。神の存在を証明するため、ジョシュは新入生という絶対的に不利な条件の中で反証を試みる。全米の大学で実際に起こった数々の訴訟事件をベースに、「神の存在」という命題に正面から切り込んだ本作。米国では1000館未満公開の作品の中で全米歴代最高記録をたたき出すなど、大きな反響を呼んだ。

一方、『天国は、ほんとうにある』は、穿孔(せんこう)性虫垂炎にかかり、生死の境をさまよった3歳の男の子が一命をとりとめ、天国に行った話をするという、米国での実話がベースとなっている。息子から天国の話を聞かされたとき、天国が本当にあると信じていない自分に気づく父は、町の教会の牧師でもある。牧師は一人の信仰者として自分の信仰を見つめ直す一方、男の子が経験した天国の話は次第に広まり、教会にも変化をもたらしていく。米国では今年4月に公開され、興行成績90億円を超える大ヒットを記録。同名の原作本は、米ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに200週ランクインし、全世界で900万部の売り上げを記録している。

これら2つの映画の同時公開を記念して行われたクリスマスライブでは、機械トラブルがあったものの、復旧するまでラニーさんがクワイヤーと共にアカペラで歌うサプライズもあり、会場中が彼の歌声に魅了された。

日本のゴスペル界のパイオニア的な存在であるラニーさん。『神は死んだのか』の上映後には、「主人公の信仰と勇気に励まされました。私もクリスチャンですが、信じるものを守るために立ち上がった彼に勇気づけられました。みなさんも神への信仰を大切にしてください」と大絶賛した。

『神は死んだのか』公式サイト
『天国は、ほんとうにある』公式サイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース