東京神学大学、公開夜間神学講座69期生募集

2014年12月1日23時16分 印刷
関連タグ:東京神学大学
+東京神学大学

東京神学大学(東京都三鷹市)は、公開夜間神学講座の第69期生(2015年度生)を募集している。

この夜間講座は、主に東京神学大学の教師によって、信徒の志願者を対象に行われるプログラム。「パウロ書簡を読む」(焼山満里子順教授)や、「21世紀の倫理-キリスト教倫理学概説」(神代真砂実教授)、「バッハとヘンデルの教会音楽」(渡辺善忠非常勤講師)など、聖書学、教義学、歴史神学、実践神学、キリスト教音楽・美術など幅広い分野の計16講座が2年間にわたって開かれる。

「キリスト教についての教養や知識だけではなく、教会生活や教会での奉仕に益となるような神学的な基礎」を提供するとしている。また、講義の合間には短いながら礼拝の時間も設けられ、受講生同士が祈りと賛美を共有する時間もあるという。

同大学学外活動委員会の委員長である関川泰寛氏は、「公開夜間講座から、さらに神学の学びに関心を持ち、伝道者となって献身する方々もおられます。かくいうわたし自身、今から約35年以上も前に、この公開夜間講座に通い、そこから献身して神学を学び、伝道者となる道を選び取りました。公開夜間講座は、あなたの人生を変えるきっかけとなるかもしれません。一人でも多くの方が受講されることを切に願っております」と紹介している。

定員は30人。申し込み締め切りは来年3月25日。講義は同4月10日からスタートする。詳細・申し込みは同大学ホームページ(講座講師一覧受講方法)まで。

関連タグ:東京神学大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース