「地の塩、世の光」を育てて 青山学院創立140周年記念式典

2014年11月18日16時54分 記者 : 竹村恭一 印刷
+「地の塩、世の光」を育てて 青山学院創立140周年記念式典
幼稚園から大学までの各部の聖歌隊がパートに分かれて「青山学院の歌」を歌った=15日、青山学院大学(東京都渋谷区)で

明治初期、米国のメソジスト監督教会から派遣された宣教師らによって創設された3つの学校を源流とする青山学院は、今年11月16日に創立140周年を迎え、15日に記念式典を行った。

「全てを尽くし神を愛し、隣人を自分のように愛せ」と書かれたマタイによる福音書22章36~40節と、スクール・モットー「地の塩、世の光」が書かれたマタイによる福音書5章13~16節の2つの聖書箇所が朗読され、合同メソジスト教会高等教育局副総幹事のジェラルド・ロード博士がこれらをもとに説教した。ロード博士は、「日本のクリスチャンはわずかかもしれませんが、少しの塩と世の光の輝きが大きな違いを生み出していくのです」と熱弁を振るった。

続いて青山学院の安藤孝四郎理事長が、「神の恵みにより、我輩の学校よりいわゆる“Man”を出さしめよ」という第2代院長の本多庸一氏の言葉とヨシュア記1章9節を引用してあいさつ。今後150周年に向けてのビジョン「AOYAMA VISION」を発表し、「全ての人と社会に貢献するサーバントリーダーを育てよう」と語った。

記念式典で説教をする合同メソジスト教会高等教育局副総幹事のジェラルド・ロード博士

この日の式典には、在学生のほか、卒業生や保護者などの関係者約1500人が出席。幼稚園から大学までの各部ごとにパートが分けられた「青山学院の歌」も披露され、「140年前に蒔かれた小さなからし種が、大きくなり鳥が巣を作るがごとく、現在では幼稚園から大学院までの教育を行う、総合学園となりました」と、梅津順一院長が式辞を述べた。

青山学院は、知識偏重にならないよう、専門教育と幅広い教養教育(リベラル・アーツ)を重視した方針を取っており、「地球規模の視野にもとづく正しい認識をもって自ら問題を発見し解決する知恵と力を持つ人材を育成する」ことをビジョンに掲げている。この日も同学院高等部で行われたノーベル平和賞受賞者のマララさんについてのスピーチが話題に挙げられ、「現在、さまざまな問題に対して諸宗教の共存が説かれていますが、青山学院の素晴らしい精神を持った生徒だからこそ、素晴らしいイスラムの少女に共感ができた」と、梅津院長は喜びをあらわにした。

「全ての人と社会に貢献するサーバントリーダーを育てよう」とビジョンを語る安藤孝四郎理事長

キリスト教学校教育同盟加盟校代表の山内一郎氏は、コリントの信徒への手紙―13章を基にしたジョン・ウェスレーの提唱を引用し、「愛がないなら、どんな知識も無意味です。この愛を持つからこそ、全て素晴らしいものになる。ここに青山学院の建学の理念があります」と祝辞を述べた。

その他にも、下村博文・文部科学大臣による祝辞を文部科学審議官の前川喜平氏が代読し、日本私立大学連盟会長の清家篤氏も祝辞を述べた。また、国際メソジスト関係学校・大学連盟(IAMSCU)会長のマーシオ・デ・モラエス博士はビデオレターでの祝辞を述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース