東京都:講演会「就任1年余、新教皇フランシスコでバチカンはどう変わる—日本への衝撃は」

2014年7月2日10時45分 印刷
+東京都:講演会「就任1年余、新教皇フランシスコでバチカンはどう変わる—日本への衝撃は」

菅原裕二・教皇庁立グレゴリアン大学教会法学部長による特別講演会「就任1年余、新教皇フランシスコでバチカンはどう変わる—日本への衝撃は」が、7月16日(水)午後2時から、上智大学・国際会議場で開催される。入場無料。

上智新聞インテル会(OB会)の主催で行なわれ、上智大学、上智大学ソフィア会が共催。

講演会の案内では、昨年3月に就任した新教皇フランシスコについて、「前教皇の突然の辞任、改革派新教皇フランシスコの誕生から間もなく1 年半。この間、硬直化していたバチカン内部の人事刷新、全世界に開かれた新枢機卿顧問団の設置から始めて、『世界の現実とともに歩く教会』を目指し、次々と改革の布石を打つ新教皇。5月下旬には激動を続ける中東訪問を敢行するなど他宗教との対話、世界各地での和平実現へも精力的な努力を続けています。今秋と来年秋には連続して全世界司教会議を『家庭』をテーマに召集、現代社会の共通の最重要課題であり、教会内部でも議論の多いこの問題に果敢に取り組もうとしています」と紹介している。

講演者となる菅原氏は、上智大学法学部出身のイエズス会司祭。ローマ滞在歴27年で、昨年からカトリックの最高学府であるグレゴリアン大学で教会法学部長を務めている。

日時:2014年7月16日(水)午後2時〜
場所:上智大学2号館17階国際会議場

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース