人生を導き教会を生かすレビ記通読の手引き(17) 宮村武夫牧師

2014年6月26日11時13分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

レビ記15章

(1)15章の内容と前後の流れ

① 15章の内容は、32節と33節に要約、「以上が、漏出のある者、また精を漏らして汚れた者、また月のさわりで不浄の女、また男か女で漏出のある者、あるいは汚れている女と寝る男についてのおしえである」。

目的は、31節に、「あなたがたは、イスラエル人をその汚れから離れさせなさい。彼らの間にあるわたしの幕屋を汚し、その汚れたままで彼らが死ぬことのないためである」。きよめ、イスラエルの民の生。

② 全体の流れ
12章、積極的、出産。
13章、特別、皮膚病、検査。
14章、皮膚病、癒やし、贖い。
15章、漏出、異常。

この全体の流れから、創世記1章に明示されている創造、2章の罪、3章の救いの三要素全体から15章の内容を受け止める必要を確認します。

(2)15章の構造と美しい調和のとれた表現

体内からの漏出される正常なものと異常のものの両面。男子と女子、そして男女。

① 男子

    A 1~15節、異常なもの。13~15節、きよめ。
    B 16、17節、正常なもの。

     

    C 男女 18節、中心「男が女と寝て交わるなら、ふたりは共に水を浴びる。彼らは夕方まで汚れる」。参照12章、通常の結婚生活におけるいけにえ。

② 女子

    B’ 19~24節、正常なもの。健康に配慮。
    A’ 25節以下。28節、「もし女がその漏出からきよくなったときには、七日を数える。その後にその女はきよくなる」、きよめ。

男女の別、性差の事実。しかしそれとともに男女の別なく人間として一つ。中心点、創世記1章27節、「神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された」。まさに本来の人間、人間らしい人間が主眼(マルコ1章17節、「イエスは彼らに言われた。『わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう』」。

(3)15章の意味

① 衛生、健康管理の上から

② 神学的意味、聖書全体の流れ
神に創造され、祝福された人間存在。その中での性、生殖。

この人間の存在の深みまで蝕む罪の影響。創造された本来の祝福された姿(性を含め)から、ずれ・ゆがみの現実。歴史的背景、カナン偶像礼拝と性的混乱の密接な関係。一方では、性的放縦、他方では、性に関する一切を汚れとする極端。

何故、「汚れているのか」直接の理由を述べていない。

新約聖書の光、マルコ5章25~34節。罪を示しつつ徹底的な救い、救いの祝福を受ける。根本的には、創造の神、出産の祝福、ヘブル13章4節、「結婚がすべての人に尊ばれるようにしなさい。寝床を汚してはいけません。なぜなら、神は不品行な者と姦淫を行う者とをさばかれるからです」。

さらに血の結び、血縁を越えた霊的な関係の豊かさ、たとえば、マザーテレサこそ、全人格的意味で母のイメージ、「主は子を産まない女を、子をもって喜ぶ母として家に住まわせる。ハレルヤ」(詩篇113篇9節)。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、『哀歌講解説教 哀歌をともに』、『ルカの福音書 味読身読の手引き①』以上クリスチャントゥデイ、など。

■外部リンク:【ブログ】宮村武夫牧師「喜びカタツムリの歩み」

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース