東京都:映画『蘆葦の歌 Song of the Reed』上映会を開催

2014年6月12日12時47分 印刷
+東京都:映画『蘆葦の歌 Song of the Reed』上映会を開催

台湾の日本軍「慰安婦」被害者たちの回復への道のりを描いた映画『蘆葦(あし)の歌』上映会が7月4日(金)に、明治学院大学(東京都港区)で開催される。

映画『蘆葦の歌』(婦援会制作、上映時間76分)は、「慰安婦」にされた女性たちが家族に支えられ、台湾・日本の支援者との交流を通しながら歩んできた最晩年の日々を丁寧につづったドキュメンタリー。沈黙し続けた女性たちが語り、笑顔を見せるようになっていく。

監督の吳秀菁さんと、支援する会代表で牧師の渡辺信夫さんのトークも併せて公開される。

申込不要、入場無料。

開催:7月4日(金)
時間:午後4時45分~6時30分
会場:明治学院大学白金校舎本館(1号館)1253教室
主催:明治学院大学キリスト教研究所、台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会
後援:明治学院大学国際平和研究所
問い合わせ先:明治学院大学キリスト教研究所(電話:03・5421・5210)
http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/event.html

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース