バプ連性差別問題特別委、籾井NHK新会長の発言に抗議

2014年2月3日22時12分 記者 : 内田周作 印刷

日本バプテスト連盟の性差別問題特別委員会は1月29日、NHKの籾井勝人新会長が、同25日の就任会見で従軍慰安婦について「日本だけがやってたようなことを言われる。戦争をしているどこの国にもあった」と述べたことについて、慰安婦問題を軽視する発言だとし、「憂いと怒りをもって抗議」する声明を発表した。

同委はまず、籾井会長の発言内容から「他の国も行っていれば正当化される事柄でない」と指摘。さらに、籾井会長の発言が事実と異なるとして、「歴史認識の危うさも感じざるを得ません」と危惧を示した。

籾井会長の発言が事実と異なる点について、同委は第2次世界大戦で軍が慰安婦制度に組織的に関与したのは日本とドイツだけだったと述べ、「日本の場合、『慰安所』の計画・設置・あっせん・管理等に軍が全面的に関与したことは、政府や旧陸海軍資料でも明らかであり、1993年に当時の官房長官が旧日本軍の関与を認めた上で『強制的な状況下での痛ましいものであった』と、いわゆる河野談話をもって政府として謝罪をしています」と指摘した。

また、籾井会長が「韓国が、日本だけが強制連行したみたいなことを言ってるから話しがややこしい。日韓条約で解決している」と述べたことについても、「『慰安婦』の証言等により真相が明らかになってきたのは1990年代以降のことであり指摘は当たっておらず、発言が『慰安婦』の心を更に痛めさせただろうことを悲しく思います」と批判した。

さらに、NHKが報道機関であることから「今一度、報道の原点に立ち帰り、受け手が『これぞ無くてはならぬ報道局』と思える在り方をこの機会を逃すことなく、模索して頂きたいと思います」と求めた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース