イスラエル聖書大学発行の季刊誌『Vehaskel【ヴェハスケル】』日本語版創刊

2014年1月20日19時24分 記者 : 内田周作 印刷
+イスラエル聖書大学発行の季刊誌『Vehaskel【ヴェハスケル】』日本語版創刊
創刊したイスラエル聖書大学発行の季刊誌『Vehaskel【ヴェハスケル】』日本語版

イスラエル聖書大学が発行する季刊誌『Vehaskel【ヴェハスケル】』の日本語版がこのほど創刊された。イスラエル国内のアラブ人信者やメシアニック・ジュー(イエスをメシア(救い主)として信じるユダヤ人)の声を発信する雑誌で、日本語版はハーベスト・タイム・ミニストリーズのウェブサイト上で無料配布されている。

同誌のオリジナル版はヘブル語で発行されているが、英語をはじめ、中国語やアラビア語、ポルトガル語など様々な言語で翻訳されている。日本語版は、ハーベスト・タイム・ミニストリーズが手掛けることで、今回の創刊に至った。同誌では、メシアニック・ジューの視点で書かれた聖書的、神学的テーマはもちろん、イスラエル国内の信者の生活に密着した実践的なテーマなども取り上げられている。

日本語版を発行するハーベスト・タイム・ミニストリーズは、「イスラエルは、日本と同じくイエスを信じる信者の数は少ないのですが、そこで活発に行われている神学的議論や社会活動の一端を本誌を通して垣間見ることができます。日本人読者にも刺激となる有益な情報が詰まっています」と同誌を紹介している。

日本語版の創刊号は2013年冬号で、表紙のタイトルは「ユダヤ人の研究におけるイエスの復活」。A4・16ページ立てで、「聖書の民イスラエル」「仮面をかぶったキリスト教」「ユダヤ人の研究におけるイエスの復活」「終焉を見据えて」「本人の選びかそれとも被害者か?」「イスラエルにおける売春禁止法」「インターネット vs リアル」などを取り扱っている。

ダウンロード(無料)は、ハーベスト・タイム・ミニストリーズのウェブサイト上の以下のリンクより。

『Vehaskel【ヴェハスケル】』日本語版
『Vehaskel【ヴェハスケル】』日本語版(A3見開き)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース