バチカン、教皇メッセージ拡散にネット新技術

2012年9月18日11時55分 印刷
 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は、教皇べネディクト16世の活動を世界に伝えるため、インターネットなどで新たなハイテク技術を利用しようとしている。その相手に米アップル社と組んだ、とカトリック通信『CNA』が報じた。

 「国際的な段階で大きな一歩を示すものだ。なぜならインターネットは時間空間を超えるからだ。教皇のメッセージはこれからは世界のどこにでも届く」とバチカン出版部門「リブレリア・エディトリチェ・バチカーナ」部長のジュセッペ・コスタ神父は言う。

 アップル社は、教皇の毎週恒例の接見も広く伝えることを企画しており、これまでの印刷物に加えEブックスやiTunesの採用も計画している。将来には教皇著作全般を電子化する構想もある。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース