ロヒンギャ

仏教国ミャンマーで9割がクリスチャン、カチン族に軍の圧力高まる 1年半で60教会爆破

仏教国ミャンマーで9割がクリスチャン、カチン族に軍の圧力高まる 1年半で60教会爆破

ミャンマー北部の山岳地帯に住むカチン族は、人口の9割が仏教徒だとされる同国で、その多くがキリスト教を信じる少数民族だ。19世紀半ばに米国から派遣されたバプテスト派の宣教師らが布教を進め、今ではその9割近くがクリスチャンだとされている。

2018年07月05日14時38分

日本国際飢餓対策機構、ロヒンギャ難民支援のための緊急募金を呼び掛け

日本国際飢餓対策機構、ロヒンギャ難民支援のための緊急募金を呼び掛け

日本国際飢餓対策機構(JIFH、大阪府八尾市)は、ミャンマー軍による弾圧により、隣国バングラデシュなどに逃れているイスラム系少数民族ロヒンギャの難民を支援するための緊急支援募金を呼び掛けている。

2018年02月06日19時38分

教皇フランシスコ、ミャンマーに到着 教皇として初訪問

教皇フランシスコは26日夜、教皇として初のミャンマー訪問に向け、専用機でレオナルド・ダビンチ国際空港を出発し、27日午後にヤンゴン国際空港に到着した。空港には教皇訪問を歓迎するミャンマーのカトリック信徒らが集まった。

2017年11月28日16時44分

米国福音同盟系のワールドリリーフ、ロヒンギャ難民支援で緊急募金

米国福音同盟系のワールドリリーフ、ロヒンギャ難民支援で緊急募金

ミャンマー軍による弾圧により、隣国バングラデシュなどに逃れているイスラム系少数民族ロヒンギャの人道状況が悪化していることを受け、米国福音同盟(NAE)系列の慈善団体であるワールドリリーフが、支援のための緊急募金を行っている。

2017年11月16日17時11分

アウンサンスーチー

ミャンマーのカトリック教会トップ、ロヒンギャ問題で「スーチー氏批判は長期的な解決にならない」

イスラム系少数民族「ロヒンギャ」をめぐる問題で、ミャンマーのカトリック教会トップが、沈黙を守っているアウンサンスーチー国家顧問兼外相に対し、問題への対応を迫った。その一方で、メディアによるスーチー氏批判は、長期的な解決にはならないとの見解を示した。

2017年09月17日23時56分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、11月〜12月にミャンマーとバングラデシュを訪問へ

バチカン(ローマ教皇庁)は8月28日、教皇フランシスコが11月27日から12月2日にわたってミャンマーとバングラデシュを訪問すると発表した。ミャンマーは11月27日から30日まで、バングラデシュは30日から12月2日まで訪問する。

2017年09月05日16時07分

アウンサンスーチー

ロヒンギャ問題でミャンマーが委員会設置 スーチー氏が委員長に就任

ミャンマー政府は5月31日、仏教徒とイスラム教徒少数民族「ロヒンギャ」の対立が続く西部ラカイン州の治安改善に向け、特別委員会を設置したと発表した。アウンサンスーチー国家顧問兼外相が委員長に就任した。

2016年06月06日23時06分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース