正教会聖大会議

正教会、聖大会議後の一致求めて苦闘

正教会、聖大会議後の一致求めて苦闘

多くの注目を集めた正教会聖大会議は、開催前まで全正教会会議と呼ばれていたものの、14の独立正教会のうち4つの正教会が出席を取りやめる事態になったが、正教会の一致を声高らかに主張し、また中東のキリスト教徒の保護を求めて閉会した。

2016年07月01日15時47分

世界の正教会指導者ら、中東のキリスト教徒の支援を嘆願

世界の正教会指導者ら、中東のキリスト教徒の支援を嘆願

ギリシャのクレタ島で約1週間にわたって開催された正教会聖大会議の最後に、世界中から集まった正教会の総主教、主教らは、「宗教という油は傷を癒やすために使われなければならない。軍事衝突を再び燃え上がらせるためであってはならない」と語った。

2016年06月29日13時23分

正教会聖大会議が終了 「正教徒と善意ある全ての人々」へのメッセージ 8文書を発表

正教会聖大会議が終了 「正教徒と善意ある全ての人々」へのメッセージ 8文書を発表

19日からギリシャのクレタ島にあるクレタ正教アカデミーで開かれていた正教会聖大会議が26日、「正教徒と善意ある全ての人々」に向けたメッセージなど8つの公式文書に署名してそれらを採択して終了、公式サイトで発表した。

2016年06月28日18時03分

正教会聖大会議がギリシャで開会、欠席のロシア正教会モスクワ総主教がメッセージ発表

正教会聖大会議がギリシャで開会、欠席のロシア正教会モスクワ総主教がメッセージ発表

全世界正教会会議が19日、ギリシャのクレタ島にある聖ミナス大聖堂で、独立正教会の首座主教たちによる聖神降臨祭のための奉神礼をもって始まり、20日に同島のクレタ正教アカデミーで開会会合が行われた。開催期間は26日まで。

2016年06月22日17時43分

全世界正教会会議、全地総主教が開催地に到着 一部不参加や延期要求のまま開催か

全世界正教会会議、全地総主教が開催地に到着 一部不参加や延期要求のまま開催か

東方正教会のコンスタンディヌーポリ全地総主教バルソロメオス1世は16日、全世界正教会会議を招集し、議長として会議に参加するために、会議の開催地であるギリシャのクレタ島に到着した。

2016年06月18日14時15分

全世界正教会会議、開催直前に一部の正教会が不参加表明 延期の提案をロシア正教会も支持

全世界正教会会議、開催直前に一部の正教会が不参加表明 延期の提案をロシア正教会も支持

今月後半にギリシャのクレタ正教アカデミーで全世界正教会会議が開催されるのを前に、ブルガリアやセルビア、ジョージア(旧グルジア)、ロシアなどの国の正教会やシリアのアンティオキア総主教庁が、同会議への不参加や開催延期の提案を表明している。

2016年06月14日18時10分

全世界正教会会議、ブルガリア教会が出席を取りやめても予定通り開催へ

全世界正教会会議、ブルガリア教会が出席を取りやめても予定通り開催へ

コンスタンディヌーポリ総主教によれば、全世界正教会会議がブルガリア教会の出席拒否にもかかわらず、予定通りに行われることが分かった。全14の正教会が集うはずであったが、先週ブルガリア教会が出席を取りやめることとなった。

2016年06月10日8時23分

東方正教会、全世界正教会会議を6月にギリシャで開催へ

東方正教会、全世界正教会会議を6月にギリシャで開催へ

東方正教会の全地総主教庁は21日から28日まで、スイスのジュネーブ郊外のシャンベジーにある、同総主教庁の正教センターで独立正教会首座主教会合を開き、全世界正教会会議を6月16日から27日までギリシャのクレタ正教アカデミーで開くことなどを記した公式声明を発表した。

2016年01月31日7時53分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース