渡辺信夫の記事一覧

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(3−1) 渡辺信夫牧師

エゼキエルは預言者としての召命を受けた時、圧倒的な神の威光に打たれた。それには逆らうことができない。

2014年07月11日10時16分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(3−3) 渡辺信夫牧師

しかし、「あなたが悪人を戒めて、その道から離れさせるように語らなかったら、悪人は自分の罪によって死ぬ。しかしわたしはその血を、あなたの手に求める」。滅ぶべき者が滅んだのであって、自分には責任がないと思ってはならない。

2014年07月11日10時16分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(3−2) 渡辺信夫牧師

一人の人間の中に良心があって目覚めている。この良心の警告に人は従わなければならない。

2014年07月11日10時16分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(2−3) 渡辺信夫牧師

巻き物に関してもう一つ思い起こす事件はエレミヤ書36章であるが、エゼキエルの召しとそう違わない時期に、エルサレムでエレミヤは神から授かった全ての預言をバルクの手によって巻き物に書き留めさせた。

2014年07月05日10時53分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(2−1) 渡辺信夫牧師

祭司エゼキエルが預言者としての召しを受けた時、文章で言い表すのが困難な、奇怪という他ない幻を見た。イザヤが召命を受けた時の幻の体験も、ただならぬものであったが、エゼキエルの見た幻はもっと不気味だ。

2014年07月05日10時53分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(2−2) 渡辺信夫牧師

イスラエルの家が「反逆の家」と呼ばれる理由は、このあと随所に出てくるが、例えば5章6節に、「エルサレムは他の国々よりも悪しく、わたしのおきてにそむき、そのまわりの国々よりもわたしの定めにそむいた。すなわち彼らはわたしのおきてを捨て、わたしの定めに歩まなかった」と言われる。

2014年07月05日10時53分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(1−3) 渡辺信夫牧師

神の姿が大事なのではなく、その言葉が大切である。2章でその言葉を聞く。神はエゼキエルに人の子よと呼びかけたもう。人の子という呼び方には特別な意味はない。

2014年06月27日10時05分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(1−2) 渡辺信夫牧師

当時の状況としてもう一点触れておかねばならないことがある。バビロンに国の主立った者一万人が捕え移された。しかし、本国はまだ滅びていなかった。ユダ本国の状態はどうであったか。

2014年06月27日10時03分

渡辺信夫牧師

エゼキエル書講解説教(1−1) 渡辺信夫牧師

預言者は神の召しを受けてその務めを始める。預言者に限らず、全て神に仕えて生きる信仰者は、召しによって務めを始める。その召しの典型を預言者に見出すことができる。

2014年06月27日9時50分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース