杉原千畝の決断描く一人芝居 東京で11月4日

2011年11月1日19時32分 印刷
+一人芝居「決断・命のビザ~SEMPO杉原千畝物語~」を演じる水澤心吾さん
 第二次世界大戦中、ナチスドイツの迫害からユダヤ人を救った外交官、杉原千畝(ちうね)(1900~86年)の葛藤と英断を描いた水澤心吾さんの一人芝居「決断・命のビザ~SEMPO杉原千畝物語~」(ビジョン企画主催)が11月4日午後7時半から、東京・杉並公会堂小ホールで上演される。入場を無料にし、会場で東日本大震災への義援金を募る。水澤さんは、「(舞台を)東北支援の募金活動として役立てたい」と話している。

 杉原はリトアニアの日本領事代理として、隣国ポーランドから亡命してきたユダヤ人にビザを発行し、約6000人の命を救った。日本のシンドラーとも呼ばれる。

 水澤さんは1950年、滋賀県生まれ。19歳で上京し、舞台俳優として活躍した。テレビドラマや映画にも出演したが40歳で休業。10年間ハワイで心理学を学び、しばらくは演技に心理学を取り入れた独自のセミナーを主宰していた。

 05年には俳優業に復帰。「もっと使命感を持てる舞台はないか」と考えていたところ、ふと杉原の名前が浮かんだという。杉原は寡黙な人だった。「寡黙な杉原自身が自分の人生を語っていたらどうなるだろう」と考え、原作をひとり芝居に発展させていった。

 国内外で公演を重ね、08年には米国のエレノア・ルーズベルト賞を受賞。ライフワークとして1000回公演を目指している。

 午後7時15分開場。当日参加も可能だが、定員超過で入場できなくなることを避けるため、主催側は「できれば事前に予約してほしい」としている。問い合わせは、NPO法人飛躍28(090・3108・7294、メール:mail@hiyaku28.org)へ。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性

「祈りのちから」のケンドリック兄弟最新作「オーバーカマー」が初週3位 2週で興収20億円超

日本初の女医、荻野吟子の半生描く「一粒の麦」完成 苦境にも神の言葉胸に生きた生涯

「パリに見出されたピアニスト」に見る自己肯定感の大切さ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース