杉原千畝の決断描く一人芝居 東京で11月4日

2011年11月1日19時32分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+一人芝居「決断・命のビザ~SEMPO杉原千畝物語~」を演じる水澤心吾さん
- 広告 -
 第二次世界大戦中、ナチスドイツの迫害からユダヤ人を救った外交官、杉原千畝(ちうね)(1900~86年)の葛藤と英断を描いた水澤心吾さんの一人芝居「決断・命のビザ~SEMPO杉原千畝物語~」(ビジョン企画主催)が11月4日午後7時半から、東京・杉並公会堂小ホールで上演される。入場を無料にし、会場で東日本大震災への義援金を募る。水澤さんは、「(舞台を)東北支援の募金活動として役立てたい」と話している。

 杉原はリトアニアの日本領事代理として、隣国ポーランドから亡命してきたユダヤ人にビザを発行し、約6000人の命を救った。日本のシンドラーとも呼ばれる。

 水澤さんは1950年、滋賀県生まれ。19歳で上京し、舞台俳優として活躍した。テレビドラマや映画にも出演したが40歳で休業。10年間ハワイで心理学を学び、しばらくは演技に心理学を取り入れた独自のセミナーを主宰していた。

 05年には俳優業に復帰。「もっと使命感を持てる舞台はないか」と考えていたところ、ふと杉原の名前が浮かんだという。杉原は寡黙な人だった。「寡黙な杉原自身が自分の人生を語っていたらどうなるだろう」と考え、原作をひとり芝居に発展させていった。

 国内外で公演を重ね、08年には米国のエレノア・ルーズベルト賞を受賞。ライフワークとして1000回公演を目指している。

 午後7時15分開場。当日参加も可能だが、定員超過で入場できなくなることを避けるため、主催側は「できれば事前に予約してほしい」としている。問い合わせは、NPO法人飛躍28(090・3108・7294、メール:mail@hiyaku28.org)へ。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング