日本CGNTV後援会発足へ 河用祚牧師記念追悼礼拝

2011年9月23日10時39分 印刷
+洪正吉氏の記念説教に聴き入る参列者たち=22日、東京都新宿区の淀橋教会で
洪正吉氏の記念説教に聴き入る参列者たち=22日、東京都新宿区の淀橋教会で

8月2日に召天した韓国オンヌリ教会牧師の故河用祚(ハ・ヨンジョ)氏の追悼礼拝が22日午後2時から、東京都新宿区の淀橋教会で行われ、全国から教団教派を超えて400人以上のキリスト者が参列した。衆議院議員で牧師の土肥隆一氏は、河氏が日本宣教のために始めた日本CGNTVや大衆伝道集会「ラブ・ソナタ」の働きについて、「重い宿題を残されたのではないでしょうか。(河氏が)日本でまいた福音の種を、あなたはどう摘み取るのですかと一人ひとりが問われている」と語った。午後5時から開かれた追悼晩餐会では、淀橋教会主管牧師の峯野龍弘氏が「宿題を果たさせていただきましょう」と日本CGNTVの後援会結成を呼び掛け、会場は大きな拍手に包まれた。後援会はすでに準備委員会が立ち上がっており、11月の日本CGNTV開局5周年記念礼拝にあわせて正式に発足する。

追悼礼拝の記念説教で南ソウル恩恵教会牧師の洪正吉(ホン・ジョンギル)氏は、「河先生は平凡な方で弱い部分もあった。しかし、河先生が信じたイエス・キリストが偉大だった」と述べ、「(河氏の)すべての行いは神の中に記憶されている」と証しした。また、「日本の地にも必ず主の栄光が輝くと信じて歩みたい」と語り、「義を行うことに落胆しないでください。時が来ると実がなるのです。主がすべてを成してくださる」と力を込めた。

那覇バプテスト教会主任牧師の国吉守氏は、CGNTVの働きについて「主のご再臨の迫っているこのとき、もっとも効果的な伝道を主は河先生を通してなさっている」と証しした。また、「(追悼礼拝を)新たな決意のスタートとしたい」と述べた。

白川台キリスト教会牧師の小紫義弘氏は、河氏の日本宣教への情熱を証しし、「いのちを短くしてまで日本を愛してくださった」と涙をにじませた。また、神戸の十数人の牧師が毎月集まり、ラブ・ソナタの継続のために祈り続けていることを報告した。

オンヌリ教会の「ACTS29」委員長を務める同教会長老の尹玄徳(ユン・ヒョンドク)氏は、「(日本宣教のために)日本と韓国の教会が心をひとつにしてともに進んでいきたい」と日本宣教の働きを今後も積極的に推進する意向を示した。

礼拝中には、河氏の特別映像が上映され、河氏の愛唱した賛美歌「御国の心地す」を会場全体で賛美し、多くの参列者の涙を誘った。

日本CGNTV後援会発会式を兼ねた開局5周年記念礼拝は11月17日午後7時から、東京都新宿区百人町1-17-8の淀橋教会で行われる。記念メッセージは、同教会主管牧師の峯野龍弘氏。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース