宗教的地球観を考えるシンポ 京都大で20日開催

2009年2月12日12時48分 印刷
+

 既成宗教の地球観、世界観について考えるシンポジウム「宗教的地球観会議」(「仮想地球」研究会主催)が20日、京都市左京区の京都大稲盛財団記念館で開かれる。キリスト教、ユダヤ教、イスラーム、ヒンドゥー教、神道、仏教についてそれぞれの第一線の研究者が出席する。キリスト教については、京都大学文学研究科の芦名定道教授、ユダヤ教については、同志社大学大学院・神学研究科の手島勲矢教授が講演する。



 このシンポジウムは、世界の地域は自然史と人類史の結合から成り立つという観点から、地域研究の総合的な見直しを目指す「仮想地球」研究会(代表・荒木茂教授)が、その活動の一環として行っているもの。これまでにも各分野の研究者を招いてシンポジウムなどを開催してきた。



 今回は、宗教と科学双方の地球観がテーマ。研究会は開催趣旨の中で、「今後の地球における両地球観の意義と問題点について文理学際的に考えたい」と述べている。



 参加費無料。定員は100人。問い合わせは荒木教授(075・753・7804)。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング