学術会議任命拒否問題、東京基督教大学長「理由の説明と速やかな任命を」

2020年10月28日13時06分 印刷
+学術会議任命拒否問題、東京基督教大学長「理由の説明と速やかな任命を」
東京基督教大学の山口陽一学長(写真:同大学提供)

菅義偉首相が日本学術会議の新会員候補6人の任命を拒否した問題をめぐり、東京基督教大学の山口陽一学長は27日、「日本学術会議が要望する理由の説明と会員候補者の速やかな任命」を願うとする見解を大学ホームページに掲載した。同会議は、任命しなかった理由の説明と6人の任命を求める要望書を首相側に提出している。

山口氏は、「総合的・俯瞰(ふかん)的な活動を確保する観点から」としか理由が説明されないことへの批判が高まる中で、同会議の見直しを進めるのは「問題のすり替え」と指摘。「学術の立場から政権の耳に痛いことをも『勧告』することは日本学術会議の使命であり、それを諒(りょう)とする政府であってこそ国民の信頼を得ることができる」と訴えた。

任命を拒否された6人の中には、キリスト教学が専門の芦名定道・京都大学大学院文学研究科教授もいた。山口氏は芦名氏を念頭に「私たちが日頃からその学術的業績に注目し、敬意を抱いてきたキリスト教学の研究者」と述べ、「人文・社会科学の候補者からの6人が任命されない理由がわかりません」と強調した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース