ミニ・ゴスペル落語会、大阪で11月7日 オンラインでのライブ配信も

2020年10月26日17時12分 印刷
+ミニ・ゴスペル落語会、大阪で11月7日 オンラインでのライブ配信も

クリスチャン落語家として活躍する露のききょうさんらが出演する「ミニ・ゴスペル落語会」が11月7日午後2時から、大阪クリスチャンセンターOCCホール(大阪市)で開催される。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場者数を100人に制限し、会場に来られない人に向けてオンラインでのライブ配信も行う。

演目・出演者は次の通り(出演順)。

古典落語:露のききょう
賛美とおしゃべり:菅原早樹
福音落語:祝福亭一麦
太神楽曲芸:豊来家大治朗
福音落語:露のききょう

入場料(全席自由・定員100人)は前売り1500円、当日2000円。午後1時半開場、同2時開演。ライブ配信は1000円で、事前の申し込み(11月4日締め切り)が必要。チケット・ライブ配信の申し込み・問い合わせは、大阪クリスチャンセンター(電話:06・6762・7701、メール:info@osakachristiancenter.or.jp)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース