立教学院新理事長に戸井田和彦氏 白石氏の急逝受け

2020年10月12日19時37分 印刷
+立教学院新理事長に戸井田和彦氏 白石氏の急逝受け
立教学院理事長の戸井田和彦氏(写真:同学院提供)

立教学院の新理事長に、9月25日付で同学院理事の戸井田和彦氏が就任した。前理事長の白石典義氏が8月26日に肺がんのため死去し、後任理事長が就任するまで、立教大学総長の郭洋春(カク・ヤンチュン)氏が理事長代行を務めていた。任期は白石前理事長と同じく2022年7月31日まで。

戸井田氏は1952年、福島県生まれ。75年に立教大学経済学部を卒業後、日産自動車に入社。同社常務、ファルティック社長などを歴任した。2018年4月から立教学院の理事、常務理事を務めていた。

就任に当たって戸井田氏は、「任期途中で急逝した白石典義前理事長の後を引き継ぎ、今般の新型コロナウイルス感染症禍での立教学院各校の教育・研究および学習環境をしっかりと支え、2024年に創立150周年を迎える本学院の発展のために全力を尽くす所存です」とコメントした。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース