コロナ感染の69歳牧師、100日間の入院へて復帰 再び礼拝で説教

2020年7月29日14時07分 印刷
+コロナ感染の69歳牧師、100日間の入院へて復帰 再び礼拝で説教
杖をつき、信徒に支えられながら講壇に向かうフェイス・フェローシップ・チャーチ・オブ・ゴッド(米オハイオ州ヤングスタウン)のジョナサン・ミッチェル牧師(写真:WKBNの動画のスクリーンショット)

新型コロナウイルスに感染し、100日間入院していた牧師がこのほど退院し、再び自身の教会の講壇に立ち、神のメッセージを伝えた。

新型コロナウイルスとの3カ月以上にわたる戦いに勝利し復帰したのは、米オハイオ州ヤングスタウンにある教会「フェイス・フェローシップ・チャーチ・オブ・ゴッド」のジョナサン・ミッチェル牧師(69)。今月15日に退院し、日曜日の26日には、退院後初めて講壇に立ち礼拝で説教を取り次いだ。

ミッチェル牧師は100日間の入院中、30日は人口呼吸器を付け、さらに別の30日間は集中治療室(ICU)で治療を受けるほどの重症だった。しばらくは、歩いたり、飲み込んだり、話したりすることができず、28日間は固形物を食べられなかったという。地元テレビ局の報道(英語)によると、看護師からは2度死にかけたと言われ、それでも生き延びたことから、病院では「奇跡の男」と呼ばれた。

入院中、一時は希望を失いかけたこともあった。しかしそんな時、神はミッチェル牧師に「あなたは今日、私を愛したのか」と問い掛け、第一の掟である「あなたの神である主を愛しなさい」を思い出させてくれたという。

入院中に69歳の誕生日を迎えたミッチェル牧師にとって、退院後、再び講壇に立ち、愛する神の家族に御言葉を取り次ぐことは何よりもの願いだった。「私の教会を見てください。私は5年間、彼らに愛を教えてきました。彼らを見てください。彼らはもう恋人です」

別の地元テレビ局の報道(英語)によると、ミッチェル牧師は26日、説教で希望を失わないことについて語った。

「これ(牧師として神のメッセージを伝えること)が私の人生です。他のことはできません。これが私の人生であり、この機会を与えてくださった神に、また私を待ち望んでくれた教会に、栄光と感謝をささげます」

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース